「ラブライブ!スクフェス」、ユーザー数300万人突破 ユーザー数が急激な伸び:200万人突破から3ヶ月

スクフェスユーザー数300万人突破

5月24日、ブシロードとKLabから提供されている「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」のユーザー数が5月23日に300万人を突破したことが発表されました。

ユーザー数300万人突破記念キャンペーン

300万人を記念して、以下の内容のキャンペーンが6月1日より開始されます。

  • 6月1日より7日間、特別ログインボーナスとしてラブカストーンを毎日1個、計7個プレゼント
  • スクフェスのための書き下ろし新曲、再び制作が決定
  • 6月15日より、新規Rカード9枚を「特待生勧誘」「一般生勧誘」に追加
  • 今年の夏、大型アップメジャーデートが決定

スクフェスのための書き下ろし新曲 第二弾

スクフェスのための書き下ろし新曲は、「タカラモノズ/Paradise Live」がスクフェスで先行配信され、1月にCDが発売されました。
今回も同様に、スクフェスで先行配信されCDが発売されるものと思われます。

先行配信や楽曲の詳細情報は、「続報をお待ちください」とのことです。

スクフェスのユーザー数変遷

2013年の4月にiOS向けがリリースされた「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」は、1年1ヶ月でユーザー数300万人を突破したことになります。

  • 2013年4月15日、iOS向けリリース
  • 2013年6月6日、Android向けリリース
  • 2013年6月26日、ユーザー数50万人突破
  • 2013年9月21日、ユーザー数100万人突破
  • 2014年2月24日、ユーザー数200万人突破
  • 2014年5月23日、ユーザー数300万人突破

100万人、200万人まではそれぞれ5ヶ月で突破しているが、200万人から300万人までは3ヶ月と、リリースから時間が経ったにもかかわらず、ユーザー数の増加スピードが上がっています。

  • 100万人突破までは、リリースより約5ヶ月
  • 200万人突破までは、リリースより約10ヶ月、100万人突破から約5ヶ月
  • 300万人突破までは、リリースより約13ヶ月、200万人突破から約3ヶ月

アニメパワーによる、急激なユーザー数の増加

4月アニメ第二期がスタートしたことにより、新たなラブライブ!ファンが増え、ユーザー数増加に大きく貢献していると思われます。

想定以上の伸びのためか、一時サーバ負荷が増えすぎて障害も起きてしまいました。
先日リリースされたアメリカ版(英語版)を始め、中国向け、韓国向けなど世界各国にローカライズされたバージョンのリリースも予定されており、ますますのユーザー数増加に期待したいですね。

ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official fan book

この商品は現在お取り扱いできません。2016/7/14 01:11

Source:ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。