簡単にオリジナルTシャツが作れるユニクロのアプリ「UTme!」でTシャツを作成・発注してみた

あるくず
UTmeアプリを使って、Tシャツを作ってみました。

UTme!はユニクロが制作した、スマートフォン上でTシャツのデザインをしてそのまま発注できるアプリです。オリジナルTシャツの作り方はいたって簡単、アプリの指示に従うだけでそれっぽいカッコイイTシャツを作ることができます。

STEP1:グラフィックをつくる

機能としては、手書きで色を付けるか、文字を入れるか、画像から作成するかを選べます。これらは重ねがけも可能で、作成後の画面で「追加」を選べば再度選ぶことができます。

メニューこれらを組み合わせて柄を作っていきます。

PAINTの編集

ペイント色は選べますが、カラーパレットを変更すると、途中経過が消えます。カラーパレットをまたいで編集したいときは、一度最後まで行って確定する必要があります。

TYPOGRAPHYの編集

タイポグラフィたいぽフォントと文字サイズは自動、変更はできません。文を長くするとフォントが小さくなるので、空白を挿入して調節しましょう。

文字の位置は左・中央・右揃え、上・中央・下揃えからそれぞれ選択できます。

PHOTOはスマートフォンのアルバムから引っ張ってくるか、その場で撮影になります。画像の明るさは2段階の調節なので、こだわるならば事前の調節が必要でしょう。

STEP2:シェイクしてリミックス!

選択ここではインクを飛び散らせる「SPLASH」、グリッチ効果を加える「GLITCH」、モザイク模様にする「MOSAIC」の効果が選択できます。

効果をつけたくないときは「SPLASH」を選び、そのまま進めばOKです。
これらの効果はスマートフォンを振るか、もしくは指でなぞるとかかります。また、それぞれの機能は2周目の編集の場合、1週目の編集に対しての重ね方を変更できます。

SPLASHでの効果

Splashインクが飛び散ります。

GLITCHでの効果

グリッチこういうのをグリッチというようです。

MOSAICでの効果

モザイクモザイクの形は真四角、角が丸い四角、円が選択できます。おしゃれな印象になりますね。

Screenshot_2014-06-20-12-28-22この段階で「追加」を選べば、重ねて編集ができます。

実際に注文してみた

あるくずあるくずTシャツ。これ着てコミケ出ます(酒の本出してます)。

1990円に消費税、送料がかかります。送料は3枚以上注文で無料です。
発注したのは6月15日。その後19日に商品発送の連絡が来ました。4日で完成、5日で配達です。思ってたより早いですね。

がら印刷は落ちにくそうです。
せなか首元にタグがないので、チクチクしません。

学校で制作するようなクラスTシャツの業者に比べたら割高ではありますが、専用のアプリで手軽に(それなりにかっこよく)できることを考えれば、選択肢としてはアリな気がします。また、ユニクロのTシャツなのでサイズがわかりやすいのも魅力です。Tシャツ自体の着心地も良好です。

弱点としては、背中側が作れないこと!これは明らかなマイナスポイントです。

このアプリで作れるのはTシャツだけですが、Web上では他の商品へのデザインもできるようです。そちらにもアプリ側で対応するともっと楽しめそうですね。

Source:UTme!

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • UTme

    UTme

    iTunes StoreでダウンロードGoogle Playでダウンロード

    あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。