Cayin N5の新FW2.0が公開!180時間待機できるディープスタンバイ機能の追加など

20151016_n5_2
10月16日、Cayin N5の新しいFWがCayin公式サイトにて公開されました。バージョンは2.0となり、DSDゲインの設定や日本語表記の修正、180時間待機できるディープスタンバイなどの機能追加・修正が行われています。

FW2.0が公開されるも

新FWはCayin公式サイトよりダウンロードができ、変更点・修正点の説明もされていますが、全て中国語表記で行われています。また、説明文が画像化されているのでパッと翻訳にかける事もできません。

2015-10-17_17h40_48
こちらが変更内容です。画像をGoogle ドライブを使ってテキスト化し翻訳にかけたところ、以下のような機能追加が行われているようです。

1.DSDゲインを任意で+6dbまで増加可能
2.再生停止から30分でシステムが停止しメインインターフェイスに戻る
3.条件を満たしている場合、180時間以上待機可能なディープスタンバイに入る

その下のA~Gはディープスタンバイに入らない条件のようです。

A.本体にUSBが接続されている時
B.SDカードのフォーマット中
C.?
D.音楽を再生している時
E.本体が充電中の時
F.ライブラリの更新中
G.?

?の部分は翻訳にかけても解読できませんでした。バックライトと再生停止中の動作について書かれてあるようですが…。
しかし、180時間以上待機可能というのは驚異的ですね。

修正点

修正点については、電源管理の強化などが説明されています。

・日本語表記の修正(文件夹操作→フォルダー操作など)
・「このプレイヤーについて」で、SDカードスロット1を内蔵ストレージと表記していたのを修正
・充電時100%にならない問題を修正
・再生中の曲を削除した場合、次の曲を再生するように

他にも修正点はいくつかあるようですが、解読できませんでした…。近いうちに日本代理店のKOPEK JAPANから日本ユーザー向けにFWが公開されると思うので、その時に日本語訳された説明文も出るでしょう。

まとめ

昨日から実際に2.0をインストールして使用していますが、今のところ正常に動作しています。アップデートしても特に問題はなさそうです。ただ、中華フォントのままだったのは、少しがっかりです。
他にも、SDカードを抜いた時と挿した時のメッセージが微妙におかしかったりと、バージョン2.0と銘打つ割には細かいところを詰め切れていない印象です。次のバージョンでは、そういった事がないよう期待したいですね。

2015/10/17追記:FWを展開してみたところ、新たに日本語フォントが追加されていますが、実際にはそれが使用されていないようです。フォントの指定ミスかもしれません。

Cayin

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。