ハイレゾ版『鳥の詩』に一歩前進? Key・KSL楽曲のハイレゾ音源配信について、馬場社長「現在諸々検討中」

151019b

ゲームブランドKeyやSAGA PLANETS、音楽レーベルKey Sounds LabelやI’veを擁するビジュアルアーツの馬場社長がTwitterにて、KSL関連楽曲のハイレゾ配信について検討中であることを明かしました。

KSLのハイレゾ配信を望む声

最近、音楽配信サイトmoraにてKSL(Key Sounds Label)の楽曲が配信され始めています。
そのことを受けユーザーが、馬場社長のTwitterにリプライで「moraでのハイレゾ音源の配信予定はあるか」と確認したところ、「現在諸々検討中」との回答をしました。

『AIR』や『CLANNAD』などの大ヒット作で知られるKeyは、特に評価されているシナリオだけでなく、音楽にも非常に多くのファンがおり、定期的に音楽イベントを開催するほど音楽に力を入れています。

Key Sounds Labelは、そんなKeyのゲームタイトルに関する楽曲やKeyに携わっている麻枝准、折戸伸治といった人気クリエイターの楽曲も扱うレーベルです。それだけ音楽に力を入れていて、ファンも多くいるKSLのハイレゾ音源を望む声が多いのは必然ということですね。

馬場社長の考えは…?

馬場社長の「検討中」は、どの配信サイトで配信するかや、どういった配信フォーマット、価格で配信するかだけでなく、配信以外の道も考えているかもしれません。

約1年前のTwitterによると、ハイレゾ音源をファイルとして配信するのではなく、ディスクとして提供することを検討しているような発言がありました。

151019c

また、VisualArt’s / Key Sounds Labelとしてクラウドファンディングで資金集めを行った「北沢綾香ファーストアルバム制作プロジェクト」では、ハイレゾ音源DVD-Rがプレゼントされるコースがありました。

もしかすると、今後のKeyやVisualArt’sのゲーム特典やイベント物販、単体での販売などでKSLのハイレゾ音源が詰まったディスクが販売されるかもしれませんね。

どんな形であれ、KSLの素晴らしい音楽がより高音質で聴ける日を、いちファンとして楽しみに待ちたいと思います。

Twitter
MotionGallery

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。