INDIEGOGOで出資者募集中のAndroid搭載DAP「Seiun Player」に出資してみました

seiun00

現在INDIEGOGOで出資者を募っているDAP「Seiun Player」が、一部で話題になっています。
目標出資額30,000ドルを早々に突破し、200,000ドルを超えるほど注目を集めているDAPですが、先日筆者もこれに出資を行いました。

安価でコンパクトな「SEIUN」

「Seiun Player」には「SEIUN」「SEIUN PRO」「SEIUN PRO X」の3つのプロダクトがあり、それぞれ性能や価格が異なります。

seiun01
一番安価な「SEIUN」は25ドルの出資で購入可能でしたが既に規定数に達し、11/14現在は30ドルの出資+送料で購入可能です。
スペック的にはPCM 192KHz/24bitに対応、最大128GBまで対応のmicroSDスロットを1つ搭載(内蔵ストレージなし)とそこそこですが、「SEIUN」の魅力は何と言っても、1.04インチディスプレイのコンパクトな筐体です。

seiun02
高機能で大きく重いDAPが多数リリースされる中、これぐらいシンプルなものはかえって新鮮かもしれません。

PCM 384KHz/32bit対応の「SEIUN PRO」

「SEIUN PRO」はPCM 384KHz/32bitに対応し、5.5インチ(720×1280)タッチディスプレイ、オクタコアCPU、Android OSを搭載したDAPです。

seiun03
DSD256にも対応していますが非ネイティブ再生、ストレージは内蔵32GBとmicroSDカードスロット1つが利用できます。また、Google Playにも対応しており4K動画出力も可能なので、単なるDAPとしてだけでなく、様々な動画やゲームなども楽しむことができます。
11/14現在、90ドルの出資+送料で購入可能。

seiun04
見た目はほとんどスマートフォンです。USB Type-Cを採用しており、電源アダプタやケーブルなどが同梱されるとのことです。

DSD256ネイティブ対応の「SEIUN PRO X」

「SEIUN PRO X」は「SEIUN PRO」のスペックアップ版です。
ディスプレイ解像度が1920×1080になり、内蔵ストレージは64GBに増量。DSD256のネイティブ再生に対応しています。11/14現在は150ドルの出資+送料で購入可能です。

seiun05
筆者が出資したのはこの「SEIUN PRO X」ですが、これら全プロダクトにはまとめて購入すると安くなる出資システムがあります。「SEIUN PRO X」の場合は2個で200ドル+送料なので、知人と共同出資にし一人頭100ドルにすることができました。興味のある知り合いがいる場合、一緒に購入することをオススメします。

seiun06
見た目や同梱物は「SEIUN PRO」と同様です。

スペック

各プロダクトのスペックは以下の通り。

seiun07

「SEIUN PRO」「SEIUN PRO X」共通スペックは以下の通り。

OSAndroid(出荷時の最新バージョン)
CPURockchip 3368 Octa-Core Cortex A53
DAC/AMPESS Sabre 9018Q2C
Amp THD Performance-115dB
Amp DNR Performance121dB
AMP Power Out49mW 32 Ω
バッテリー容量3000mAh
Wi-Fi802.11 b/g/n
Bluetooth4.0 w/ A2DP Support

出資額が増えるほど製品グレードも上がる

Seiun SG
既に目標出資額を達成している「Seiun Player」ですが、出資額が増えれば増えるほどグレードの高い製品の開発や、周辺機器・アクセサリーの製造が行われる予定です。既にSTRETCH GOAL#1のRAMのアップグレードは達成しており、次のGOALが達成されればカラーオプションが付くようになる予定です。
残り日数は22日あるので、どこまで達成されるのか楽しみですね。

まとめ

製品の出荷時期は筆者の出資時点で3月となっているようですが、こういった製品で心配されるのは「本当に製造・出荷されるのか?」という点です。場合によっては出荷時期が大きくズレこむことや、製造そのものが中止されることもありますが…無事に出荷されるのを祈りましょう。高価なDAPが次々にリリースされる中、こういった製品は非常に魅力的に感じますね。

Seiun Players

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。