【インタビュー】ハイレゾDAP「FiiO X7」の購入者・はとさぶれ氏『デザイン、UIは非常に満足。アンプモジュールはやく発売して』

DSCF3089

オヤイデ電気から12月18日に発売となったハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「FiiO X7」。
ハイレゾ対応DAPとして数々のシリーズを送り出しているFiiOシリーズの新製品で、本体下部の交換可能なアンプモジュールにより、音質の変更を可能としているという、これまでにない新しい製品です。

このFiiO X7を購入者した、はとさぶれ氏(@s_7922)に使用して感じた音質、操作性、満足度などのレビューを伺ってみました。

最初に知ってから2年待ちました

まずは購入しようと思ったきっかけや理由をお伺いしたいと思います。
いつから「FiiO X7」を購入しようと思っていましたか。また、どうして購入しようと思ったのか教えてください。

ポータブルオーディオにハマりかけていた頃、FiiO X5開発中という噂をネットで見て、ずっと情報を追いかけていました。上位機種であるX7の存在もその時に知りました。
X5も購入しましたが、X7に関する新しい情報がなかなか出ずにモヤモヤしていたところ、2014年末頃にアンプモジュール式であることや、筐体デザインイメージなどが発表され、この頃には購入を決めていました。
最初に存在を知ってからは、2年程待ったことになりますね。

同じ時期に「FiiO X7」以外で購入を検討されてたDAPはありましたか。その中から「FiiO X7」に決めたポイントは何だったのでしょうか。

AK CONNECTが魅力的だったので、AK240は購入候補としてありました。何回か試聴して音も好みだったので。
ただ、やはり2年待った事もあり、X7への思い入れが強く、あまり悩んではいません。

いつ頃、どこで買われましたか? また、購入時の価格を教えてください。

eイヤホンWEB本店のシークレットセールで、約9万円(税込)で購入しました。

それではいよいよ、実際に購入してみて感じたこと、いわゆるレビューのようなお話をお伺いしていきたいと思います。まず、箱を開けて最初にどんなことを感じましたか。

購入まで様々な情報を調べ、一足先に購入された方のツイートなども見ていたので、あまり感動はしませんでした。
でも、手に取って本体を触っているうちに、ジワジワと購入した実感が湧いてきました。私は店舗受け取りで購入したので、レジで商品を手渡された瞬間が一番テンションが上がりましたね。

※購入時の喜びのツイート

静かめの女性ボーカル曲を聴くと、高い透明感も味わえる

次に、音に関することをお聞きします。
一番最初はどんな曲を聞かれたのでしょうか。そして、初めて聴く「FiiO X7」の音はどう感じましたか。

最初に聴いたのは「WHITE ALBUM2」VOCAL COLLECTION (DSD 2.8MHz)の「届かない恋 Live at Campus Fes」です。その後はfox capture planの「衝動の粒子」、Aimerの「夜行列車」などを聴きました。音的には悪くもなく良くもなくという感じです。
元々、標準アンプモジュールには期待していませんでしたが、ボーカルの滑らかさやノイズの少なさは、それまでメインで使用していた「Cayin N5」より良いなと感じました。とりあえず、今後発売されるアンプモジュールが楽しみです。

普段良く聞く音楽のジャンルやアーティストと、それぞれ「こんな曲を聞いてこう感じた」ということがあったら教えてください。

普段はアニソンや古めのロックを中心に、いろいろなジャンルを聴きます。サントラ系もよく聴くのですが、オーケストラ編成の楽曲が、特に良く感じました。メインで使用しているイヤホンがULTRA SONE IQなので、その影響が大きいかもしれませんが、音の広がりと迫力が良いです。

どんなイヤホン/ヘッドホンで「FiiO X7」を使っていますか。ポタアンも使っていますか?それらとの相性も合わせて教えてください。

ほとんどULTRA SONE IQを使っています。他のイヤホンやヘッドホンをあまり試していないので何とも言えませんが、Q701というヘッドホンで聴くと淡々と鳴る面白味がない感じになります。一方IQでは、低音の迫力と独特の広がりが楽しめるので、イヤホンの特徴がそのまま出るのではないでしょうか。
ポタアンはほとんど使いません。

購入してから数週間経ちましたが、いわゆるエージングは感じられましたか?

特に変化は感じません。

それでは、「音質」に関しての率直な感想をお願いします。

使用するイヤホン/ヘッドホンでかなり変わるかもしれませんが、音に厚みがあり余韻が残る印象です。迫力のある楽曲も良いですが、静かめの女性ボーカルものを聴くと、意外と高い透明感も味わえると思います。

ポケットの中で操作してもミスすることがほとんどありません

次はソフトウェアに関することをお聞きします。
基本UIはどうですか。良いと感じてる点、気になっている点などあれば教えてください。

OSにAndroidを使用しているので、Androidスマホを使っている方は問題ないと思います。FiiO Musicアプリは独特な部分もありますが、それはどのアプリも同じなので慣れるしかないと思います。Pureモードでは使用できませんが、Google Playから好きなアプリをインストールできるのも良いですね。

再生画面

では、フォルダ管理の仕方、プレイリストの対応方式、リピートやシャッフルの再生範囲などプレーヤーソフトの使い心地はどうですか。

m3u形式のプレイリストを使う場合、少し記述を弄らないと使えないのは面倒ですね。リピートやシャッフルは特に問題ありません。シャッフル再生時に同じような順番になることもありませんね。

「FiiO X7」では、Androidで動作するAndroidモードとAndroidの余計な動作を排除し音質向上が期待できるPure Musicモードが選択できますね。どちらをメインで使っていますか。また、それぞれのモードで感じたことがあれば教えてください。

ほぼPure Musicモードで使用しています。2つのモードで明確な音の差は感じませんでした…と言うか、Androidモードをほとんど使っていないので正直分かりません。

バッテリーは3500mAhということですが、実際はどのくらい持ちますか。どんな頻度で充電、使用しているかも教えてください。

私の計測では連続再生は7時間半ほどでした。普段は往復2時間程の通勤時に使用することがほとんどなので、充電は週に1回程度です。

それでは、UIや操作性などソフトウェア面に関しての率直な感想をお願いします。

本体両サイドの物理ボタンで、音量と曲送り/戻し、電源と再生/一時停止が独立しているのは気に入っています。ポケットの中で操作しても、ミスすることがほとんどありません。Pureモードのホーム画面はを「アルバム一覧」や「再生中の楽曲」など、自由に選択できるともっと便利そうです。

左側面

右側面

厚みと重みはやはり感じますね

次は外観や持ちやすさ、携帯性に関することを教えてください。
サイズは約130x64x16.6(mm)と一般的なサイズだと思いますが、携帯性や取り回し、ボタンの押しやすさなどはどうでしょうか。

縦横の長さは特に問題ないですが、厚みと重みはやはり感じますね。以前使用していたCalyx Mに比べればだいぶマシですが、それでもギリギリのラインではないでしょうか。物理ボタンは押しやすいですが、ディスプレイが本体上に寄っているので、画面上部の操作は少しキツいです。

普段はどんな持ち運び、聞き方をしていますか。
その持ち運び方法で携帯性はどうでしょうか。

今の時期は上着のポケットに入れています。春先に着るような薄めの上着だと、重さでポケットが下がりそうですが、冬物なら問題ないですね。ズボンの前ポケットにもギリギリ入るサイズです。

ボタンやタッチパネルの反応速度はどうでしょう。

(SoCが)RK3188搭載ということで少し不安でしたが、全く問題ないと思います。妙な引っ掛かりや動作の遅さは感じません。サクサク動作しています。

それでは、デザインや携帯性、ハード的な使いやすさに関しての率直な感想をお願いします。

筐体デザインについては、個人的には好みです。下部のLEDもカッコイイかどうかはともかく、遊び心があって良いと思います。以前のXシリーズは操作性で賛否が分かれていましたが、タッチパネルの好き嫌いはあれど、誰にでも分かりやすいものになったと思います。

下部の青く光るLED

まとめ

はとさぶれさんが感じた「FiiO X7」の良いところ、買って良かったと思っている点を教えてください。

今のところ一番良いと思うのは拡張性への期待です。今後発売予定のアンプモジュール、DLNAやNASへの対応など、自分好みに使い方を変えられるのが大きな魅力であり、Android Wearとの連携にも期待したいです。もちろん、アンプモジュールへの期待も高いですね。

逆に、イマイチなところ、アップデートで修正されないかなと思っている点があれば教えてください。

今のところバグや不具合と感じる症状が出てないので特にないですが、Twitterなどではいくつか不具合の報告があるので、それが個体差だとしたら品質の安定性を高めて欲しいです。

はとさぶれさんが、DAPを購入する際”ここ”を重視するというポイントや、今回購入の決め手となったポイントに対する満足度はどうでしたか?

ポタアンを繋いで持ち歩くことがないので、単体である程度の音質と物理ボタンの操作性を重視します。電車通勤なので、ポケットの中である程度操作できることがポイントです。その点ではかなり満足しています。

どんな人に「FiiO X7」はオススメだと思いますか。逆にこんな人にはおすすめできないかも… というのがあれば教えてください。

Android機ならではの面白さはあるので、ガジェット好きな方にはオススメですね。ただし、そういう意味ではこれまでのFiiO製品とは大きく異なるので、敬遠される方も多いかもしれません。また、microSDスロットが1つしかないのも、人によっては大きなマイナスになりそうです。

約10万円と比較的高額な「FiiO X7」を買ったばかりですが、次に買おうと思っている、気になっているDAPはありますか。

今のところ特にないです。強いて言えばiBassoのDX200ですね。iBassoのDAPは買ったことがないので気になります。

今回は「FiiO X7」について色々と教えていただきありがとうございました。最後にこの記事を読まれている方にメッセージがあればどうぞ。

とにかく、アンプモジュールの発売、DLNAやNASへの対応。この辺りが出揃わないと、最終的な評価もできないと思います。
バランスアンプモジュールは不具合で回収となり、日程に遅れが出ているようですが、何とか頑張って欲しいところです。X7を試聴してみて好みに合わなかった方も、アンプモジュールが発売されたあかつきには、是非もう一度試聴してみて下さい。大きく化けているかもしれませんよ。

取材協力:はとさぶれ(@s_7922)

FiiO ハイレゾ・ミュージックプレイヤー X7

¥ 89,2752017/1/16 16:30

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

あんそく
執筆:あんそく
ラブライバーです。 ラブライブ!に関する記事を書いたり、スマホに関連するサービスについて書いたりしています。

Geekles(ギークルズ)をフォロー

Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。