デジタル一眼レフカメラをスマホから遠隔操作できる「Pulse」がクラウドファンディングで大人気

Plus about

デジタル一眼レフカメラなどをスマートフォンから遠隔操作可能にする「Pulse」がKickstarterに登場しました。

これ1台でCanonとNikonの多くのカメラに対応する使い勝手の良さにより、Kickstarterでも目標額の4倍を超える人気を集めています。

Pulse

Plus set2

カメラ本体とはUSB接続するため、対応機種もメーカー純正品より多い製品です。
スマートフォンから制御できる項目も「ワイヤレスでシャッターを切る」などの簡単な操作だけではなく、人気の高まりつつあるタイムラプス撮影なども設定可能です。

接続可能なカメラはシェアの高い、CanonとNikonの2メーカーの製品に対応しています。

従来のデジタル一眼とスマートフォンの接続

デジタル一眼レフカメラは、Pulseでなくてもスマートフォンとリンクして操作することが可能です。
しかし、以下のような課題がありました。

  • CanonとNikonのメーカー間では互換性はない
  • Wi-Fi内蔵タイプならリンクするのは簡単だが、搭載機種は限られている
  • フラッグシップ機などにはWi-Fi機能が内蔵されていない機種が多い
  • 機種によっては専用のトランスミッターなどが必要であり、価格も高額
  • トランスミッターも対応機種は限られている

スペック

Plus spec

Pulseのスペックは以下のとおりです。

サイズ横幅40.0×長さ60.0×高さ17.5mm
重量42.5g
連続使用時間24時間以上
スマートフォンとの接続方法Bluetooth
カメラ本体との接続方法USB
対応OSiOS/Android
対応機種数60機種以上

装着方法

Plus set

装着はアクセサリーシューにPulseを設置し、カメラ本体のUSB端子にケーブルで接続します。

Pulseとスマートフォン間の通信はBluetoothにて行います。

機能

Pulseではスマートフォンの統一されたインターフェースから機能の設定と操作が可能です。

リモート撮影

Plus remote

写真やビデオのリモート撮影もBluetooth接続のカバーする30メートルの範囲まで対応しています。

撮影条件の設定

Plus shutter

撮影する際にはシャッタースピードやISOなどのデータを設定することができます。

撮影データの確認

Plus wireless

撮影した後はスマートフォンにてサムネイル画像を確認可能です。

長時間露光

Plus night

星空や花火の撮影において用いる長時間露光やバルブモードも備えています。バルブモードにおいてはシャッター開放時間も設定可能です。

タイムラプス

Plus timelapse

タイムラプス撮影中にも進行状況を確認できます。これによりバッテリー容量が低下していたりバッファーが不足しているなど、失敗する要素に事前に対応することが可能です。

明度が変化する夕方から夜間への景色の変化や、夜景から夜明けへの変化などの撮影時にはシャッタースピードとISOの自動調整にも対応します。

互換性

Pulse comp

対応するカメラはCanonとNikonのデジタル一眼レフカメラです。

Kickstarterの状況

Kickstarterには2015年11月11日に公開されましたが、わずか3時間で目標額の50,000ドルの出資金を集めました。
それから4日が経過した11月15日の時点では5倍を超える215,532ドル、日本円で約2,650万円もの出資を集めています。

キャンペーンの締め切り日まではまだ26日間も残っていますので、更に多くの出資金を集めることでしょう。

価格

Pulseは99ドルでの市販価格を目指して開発が進められています。公開から24時間の限定販売で69ドルで提供されたEarly Birdは1,706口もの出資金を集めて締め切られました。

現在申込可能なパッケージは74ドル、日本円で約9,000円から提供されています。
カメラメーカーの専用品では5万円以上にもなるので、市販予定価格でもお買い得です。

また、他のキャンペーンで見かけることの少ないベータテスターパッケージも350ドルで用意されています。

提供開始時期

Plus time

ベータテスターには2016年1月に開発製品が提供され、それ以外の出資者に対しては2016年4月に提供される予定です。

Pulse in Kickstarter

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。