月額980円で200MBまで制限無し「楽天ブロードバンドLTE」申し込みから使うまで

楽天ブロードバンドLTE

楽天が新たにドコモのMVNOでLTEが使えるデータサービスを開始した。

楽天ブロードバンドLTEとは

月額980円で200MBまでLTE/3Gが速度制限制限なく使える「エントリープラン」と、月額2980円で3日毎に192MBまでLTE/3Gが速度制限なく使える「アクティブプラン」の2プランが用意されている。
同価格帯でLTEが使える「amazon.co.jp 高速定額」は、容量制限以上使うと通信ができなくなるが、楽天ブロードバンドLTEはどちらのプランも100kbpsに制限されるものの、通信自体は使えるのが利点だ。

楽天ブロードバンドLTEを契約

オープニングのキャンペーンで先着2000名まで11月利用分まで倍の400MBまで速度制限なし+初期費用が半額で4200円→2100円というので、早速申し込んでみた。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序01

Webサイトで情報を入力する

「今すぐお申込み」ボタンを押すと、楽天ブロードバンドの他のサービスを含めた申し込み画面へ。今回はもちろん「楽天ブロードバンドLTEをお申込み」をクリック。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序02
次にどちらのプランか聞る。980円の「エントリープラン」を申し込む。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序03
次に楽天会員かそうでないか聞かれる。私は楽天会員なので「楽天会員の方」。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序04
すると楽天へのログインフォームが出るのでIDとパスワードを入力。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序05
氏名、住所どころかクレジットカード情報まで楽天会員情報か引っぱってきてくれる。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序06
氏名、住所、クレジットカード情報が自動入力されたので、あとはSIMのサイズを標準サイズかマイクロSIMが選択。今回はマイクロSIM。また、満20歳以上でないと申し込めないそうなので「満20歳以上です」にチェック。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序07
入力した内容を確認。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序08
利用規約の書類へのPDFリンクが表示されるので、ちゃんと読んで同意して申し込む。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序09
これで「楽天ブロードバンド」へ入会完了。あとはSIMが家に届くのを待つだけだ。
楽天ブロードバンドLTE申し込み順序10

届いた楽天SIM

申し込んだのが10月5日に申し込んだところ、10日に佐川急便でSIMカードが届いた。申し込みの途中で「SIMカードの発送は10/9から」と書かれていたので、最速組だと思われる。
中には、「お届け明細」と「SIMパッケージ」のみが入っていた。「お届け明細」には、プラン名とSIMサイズしかかかれてなく、先着2000名のキャンペーン適用がされているのか不明。
郵送物中身
お届け明細
SIMパッケージはこんな感じ。SIMカードもいつものドコモのもの。
SIMカード
SIMパッケージ裏面

APNは以下のようになってる。

APN名dm.jplat.net
ユーザ名mobile@rakutenbb.jp
パスワードrakutenbb
認証タイプPAPまたはCHAP

楽天SIMと他のSIMとの比較

1980円で500MBまで、超えると通信できなくなる「amazon.co.jp 高速定額」も契約しているが、あまり通信しない端末に差しっぱなしなのでこちらのみの利用にしようかと考えている。私と同じように、あまり通信しないのであればこのサービスをオススメしたい。同価格の「IIjmio」(980円/最大速度128kbps固定)や「イオンSIM(プランA)」「amazonなどのスマートSIM 980Turbo」(980円/最大速度150kbps固定)と比較すると、速度制限時には楽天の方が遅くなってしまうが、この差と200MBを無制限に使える点のどちらが自分の利用シーンに合っているのかで判断するといいだろう。

毎月のように日本通信や他の企業もMVNOでデータ通信用のSIMを新しく提供している。必ずしも最安のものがいいわけではなく、+1000円ほど出すことで、より快適になる可能性もあるので、自分の利用シーンを想定し、一番合ったものを契約するといいだろう。

Source:楽天ブロードバンド

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。