ソフトバンク、12月7日よりiPhone 5の通信料を割り引く「かいかえ割」開始・月月割減少

ソフトバンク、iPhone 5のかいかえ割

ソフトバンクモバイルは12月7日、期間内に「iPhone 5」に機種変更するとパケット定額サービスを1年間割り引くキャンペーン「かいかえ割」を開始する。2013年1月31日までの機種変更ユーザーが対象。

「かいかえ割」は、パケット定額サービス「パケットし放題フラット for 4G LTE」の料金を通常の5460円から1年間、毎月1050円割り引きし月額4410円にするキャンペーン。

加入条件は、
・期間内にiPhone 5に機種変更すること、
・ホワイトプラン、S!ベーシックパック、パケットし放題フラット for 4G LTEに加入すること
の2点で、既にiPhone 5へ機種変更済のユーザーは対象外。

ただし、11月30日まで「iPhoneかいかえ割」が実施されており、1年間ホワイトプラン(i)の利用料(月額980円)半額、または5000円の商品券のプレゼントという特典が適用されていた。

また、同日より「iPhone 5」の機種ごとに決まっている額を通信料から月々割り引く月月割の額が改定される。12月6日までは全てのモデルで、割引額が2140円/月だったが、12月7日からは1750円/月に割引額が減少する。

これにより、16GBモデルを新スーパーボーナスの割賦で購入した際の月々の支払額2140円を月月割で相殺でき、2年間で実質0円となっていたものが、実質月390円となる。

「かいかえ割」での割引額の合計は、1050円×12ヶ月=12600円。
「月月割」改定で上昇した負担額は、390円×24ヶ月=9360円。

一見安く少し安くなったように見えるが、11月30日まで実施されていた「iPhoneかいかえ割」を考慮すると、11月以前より値上げとなる。ただし、12月1日から6日の間に購入していると、「かいかえ割」と「iPhoneかいかえ割」のどちらの割引も適用されていない。

Source:ソフトバンクモバイル

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。