ウィルコム、3月7日より「iPhone 4S」の取り扱いを開始 月額3,380円になる割引も

 「iPhone 4S」の取扱い開始について

ウィルコムは3月6日、翌7日より全国のウィルコムプラザにてアップルの「iPhone 4S 16GBモデル」の取扱いを開始すると発表した。

ウィルコムプラザでは、今年2月からソフトバンクが提供している「RAZR M 201M」「PANTONE 6 200SH」「HONEY BEE 201K」などの取り扱いを開始している。今回の「iPhone 4S」も含めて、これらはウィルコムプラザでもソフトバンクの契約が行えるというもので、端末と回線はウィルコムではなくソフトバンクとの契約になる。

また、iPhone 4Sの取扱い開始に伴って、「ソフトバンクセット割」が2013年3月31日まで提供される。
これは、ウィルコムと他社(ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク、イー・モバイル、ウィルコム除く)の携帯電話を契約中で、他社の契約をiPhone 4SにMNPを利用し乗り換えると適用される。「パケットし放題フラット」の月額料金が2年間月額3,380円に割引される。

通常の「パケットし放題フラット」は4,410円なので、-1,030円/月となる。

つまりウィルコムが取り扱いを開始といっても、ウィルコムプラザ内でソフトバンクのiPhone 4Sの契約ができるようになっただけである。まだまだ4Sの在庫が大量に残っているための策なのだろうか。いっそイー・モバイルでも取り扱いを開始して、まさにドコモ以外全ての国内キャリアが取り扱っている、という状態を見てみたい気もするが…

今回はiPhone 4Sのみであるが、この先も他のAndroidスマートフォンやiPhone 5など、ソフトバンクの販路拡大の為にウィルコムプラザで契約できる機種が増えていくものと思われる。

iPhone 4S
SoftBank iPhone 4S

OS:iOS 6.1.2
CPU:A5 1GHz デュアルコア
RAM:512MB / ROM:16GB
発売日:2011年10月14日

Source:WILLCOM

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。