【解説】「VoLTE」(ボルテ)とは何なのか、詳しくまとめ

VoLTE

5/14にNTTドコモが開催した「2014夏モデル 新商品・新サービス発表会」にも出てきたVoLTE(ボルテ)。

VoLTE(ボルテ)という単語を初めて聞いた方も多いと思われます。6月末のサービス開始までには何とかどういうものか把握したいところ。そこで本記事ではできる限り分かりやすくVoLTEとはどんな物なのか解説します。

VoLTEとは

VoLTEとは、Voice over LTEの略で、LTEのネットワークを利用してVoIP(Voice over Internet Protocol)で音声通話を利用するといった物です。このVoIPは家庭でも最近よく見るIP電話や050plusなどで利用されている技術です。

今までの3G通話と何が違うのか

LTEより前の通信規格、いわゆる3G回線は音声通信、パケット通信が可能でしたが、LTEはパケット通信のみしかできない方式でした。そのため、現在の通話はすべて3G回線により行われています。

VoLTEが導入される背景

VoLTEが実現された背景には上記の問題が絡んできます。現在、LTEエリアではデータ通信はLTE、音声通信は3Gを利用しています。しかし、設備の老朽化などにともない3G回線を安定的に提供できなくなる日が近い将来出てくることも考えられるのと、3GとLTE両方の設備を基地局に設置する必要があり、コストがかかってしまう。そこで、データ通信、音声通信を一元化してしまえば安定提供や設備投資の問題が解決するという訳です。

利用者のメリットは?

音声通信の高品質化

まず、音声通信の高品質化があげられます。LTEによるIP通信を利用することで、通話のビットレート(単位時間当たりに何ビットのデータが送受信できるか ビット毎秒(bps)が基本的に使われます。)とサンプリングレート(アナログ信号からデジタル信号への変換を1秒間に何回行うかを表します。)が向上します。その結果、音声通信の品質が向上します。

遅延の低減

3G回線はLTE回線と比べて遅延が大きく、電話番号を打ち込んでから呼び出しが開始されるまでの間遅延が発生します。しかし、3G回線より遅延が少ないLTEを利用することでこの遅延が少なくなり、現行より早く通話を開始できるようになります。

ビデオコールが可能に

ドコモのVoLTEでは、FOMAのテレビ電話のように相手を見ながら電話する「ビデオコール」が利用可能になります。このようなテレビ電話機能はFOMA時代にも使えていました。それでは一体何が変わったのか。それはずばり画質です。「ビデオコール」では高画質のテレビ電話を利用することができるようになります。

通話中でもエリアメールを受信可能に

意外と知られていないかもしれませんが、現在通話をしている間はエリアメール(緊急地震速報など)を受信することができません。しかし、VoLTEでは通話中でもエリアメール(緊急地震速報など)を受信することができるようになります。

まとめ

VoLTEが開始されると私たち利用者には以下のメリットを享受することができます。

  • 音声通信の高品質化:通話音声がよりクリアに!
  • 遅延の低減:すぐに通話を開始することができるようになる!
  • ビデオコールが利用可能:高画質なテレビ電話を使うことができるようになる!
  • 通話中でもエリアメールを受信可能に:通話中でも緊急地震速報が受信できるようになる!

問題点

VoLTEで通話をするためには以下の条件をクリアする必要があります。

  1. 発信側と着信側がVoLTE対応機種であること
  2. 発信側と着信側がLTEエリアにいること

2014年5月14日現在のVoLTE対応機種は以下の通りです。

  • GALAXY S5:SC-04F
  • Xperia Z2:SO-03F
  • AQUOS ZETA:SH-04F
  • ARROWS NX:F-05F
  • AQUOS PAD:SH-06F
  • Xperia Z2 Tablet:SO-05F

それ以外の場合は従来通りの3G回線での通話となります。以下に図でまとめてみます。

VoLTE可

VoLTE可能

VoLTE不可

VoLTE不可

片方だけがVoLTE可

発信側がVoLTEに対応、着信側がVoLTEに非対応の場合は発信側はVoLTEで、着信側は3Gで通話をします。
着信側がVoLTEに対応、発信側がVoLTEに非対応の場合は着信側はVoLTEで、発信側は3Gで通話をします。

VoLTE 片方のみ

LTEエリア圏外に移動した場合

VoLTEは名前の通り、LTEエリア圏内でないと利用できません。VoLTEで会話中にLTEエリア圏外に移動すると、一瞬会話が途切れ3G回線に切り替わり(ハンドオーバ)、通話を再開することができます。ただし、再度LTEエリア圏内に移動してもVoLTEに切り替わらずに3G回線での通話のままとなります。

VoLTEハンドオーバ

まとめ

VoLTEを使うためにはいくつかの条件をクリアしなければなりませんが、従来の音声通話より高品質、低遅延化(すぐに繋がるように)は非常に魅力的です。

近々大きな地震がくるであろうと予想されている中、通話中でもエリアメール(緊急地震速報など)を受信できるようになると安心感がありますね。

ビデオコールは別のアプリ(電話アプリ以外のクライアントアプリ)を介さず直接テレビ電話できるというのもかなり凄い話です。また、このビデオコールにより競合サービスはどう動いてくるのか見物ですね!

Source:ケータイWatch | NTTドコモ | NSN Nokia Solutions and Network Japan | 3GPP

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント:3件

    • auは3Gに切り替わら無いと聞きました、4Gエリア以外では使用できないのでしょうか、済みません教えてください。

    • hideさん

      ご承知の通りauのVoLTEは3Gへフォールバック(切り替え)しません。
      また、auのVoLTE対応端末は3G非対応となっております。

      Source:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140430/553983/
      Source:http://www.au.kddi.com/mobile/product/selection/volte/

      • 通話は3G回線と言うことなので、auのvolteはもう少し様子を見る事にします、
        ありがとうございます。

    Geekles(ギークルズ)をフォロー

    Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。