シャープ、「Ultra IGZO」「Super IGZO」「Advanced IGZO」の商標を登録

ウルトライグゾー Ultra IGZO

シャープが、4月25日に「アドバンストイグゾー Advanced IGZO」「スーパーイグゾー Super IGZO」「ウルトライグゾー Ultra IGZO」を商標登録を出願していたことが判明しました。

「Advanced IGZO」「Super IGZO」「Ultra IGZO」商標の内容

スーパーイグゾー Super IGZOアドバンスト イグゾー Advanced IGZO

シャープが登録しているのは、出願番号2014-32417,2014-32418,2014-32419の3つで、それぞれ「アドバンストイグゾー Advanced IGZO」「スーパーイグゾー Super IGZO」「ウルトライグゾー Ultra IGZO」と書かれています。商標の区分はすべて第9類のみです。

第9類の適用範囲は、主に携帯電話や携帯電話などの周辺機器、家庭用テレビゲーム機や電子記憶媒体などを含む機械器具類。

「○○ IGZO」の商標は何に使われるか

この3つの商標は、第9類で登録されているのでスマートフォンを含む電化製品・機械類の何かに使われるものだということはわかります。
現在IGZOは、スマートフォンやタブレット以外にもウルトラブック、テレビなどに使われており、必ずしもスマホ関連の新しい技術であったり、機能であるとは限りません。

しかし、3辺狭額縁のデザイン(AQUOS ZETA SH-06F)は「EDGEST」、色鮮やかさが向上した新開発のバックライトは「PureLED」と、IGZOディスプレイを使用した製品でもIGZO自体に関する技術でない場合は、「○○ IGZO」のような名称は付けられていません。

そうすると、「Ultra IGZO」「Super IGZO」などはIGZO自体が進化した何かに付けられる名前なのかもしれません。例えば、既に大型のテレビとしては登場している4Kや8Kのディスプレイなどでしょうか。

IGZOの進化とそれを使ったシャープの今後の製品に注目です。

Source:商標公報DB | trademark_bot | trademark_bot | trademark_bot

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

あんそく
執筆:あんそく
ラブライバーです。 ラブライブ!に関する記事を書いたり、スマホに関連するサービスについて書いたりしています。

この記事へのコメント:1件

  • よしIGZO

Geekles(ギークルズ)をフォロー

Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。