hi-ho、格安SIMと通話可能な7インチタブレットのセットで月額2280円から

Fonepad 7 LTE
ハイホー株式会社は自社の格安SIMサービスと音声通話機能の付いたASUS製7インチタブレット「Fonepad 7 LTE」をセットにした「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with Fonepad 7 【LTE】」を7月1日に発売します。

Fonepad 7 LTE ME372CLの主なスペック

OSAndroid 4.3
CPUIntel Atom Z2560 1.6GHzデュアルコア
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ7インチ、解像度:1280×800
カメラアウトカメラ:500万画素、インカメラ:120万画素
バッテリー容量3950mAh
サイズ・重量約196.8(H)x120(W)x10.5(D)mm、333g
カラーブラック、ホワイト
その他音声通話対応

Fonepad 7 LTEはFonepadシリーズの最新モデルで待望のLTE対応モデルです。もちろんSIMロックフリーで、対応するSIMカードであれば何でも利用することが出来ます。音声通話にも対応し、これ1台でスマートフォンのような運用も可能です。

3つの料金プラン

  • 音声通話対応プラン:月額3280円
  • データ通信専用プラン(SMS対応):月額2420円
  • データ通信専用プラン(SMS非対応):月額2280円

Fonepad 7 LTE1台で済ませたいのなら音声通話プラン、フィーチャーフォンやスマートフォンと複数台持ちたいのならデータ通信専用プランなど自分に合ったものが選べます。また、どのプランでも初期費用として月額利用料とは別に3000円必要となります。

利用できるデータ通信量

どのプランもデータ通信に関する内容は同じです。1GB/月のデータ量が用意され、無制限時には下り最大100MbpsのLTE通信が利用できます。制限後の速度は200kbpsです。

ケータイみたいに通話できるBluetoothハンドセット

GH-BHMPA7インチタブレットを耳に当てて通話するのは抵抗があるかもしれません。そういう人にはBluetoothハンドセットとの組み合わせをおすすめします。

タブレットとBluetoothで接続し、受話器としてだけでなく発話にも対応しています。ディスプレイには電話番号も表示されるのでケータイ風に使えます。もちろん携帯電話ではないので月額利用料はかかりません。

まとめ

音声通話プランはスマートフォンやタブレットをあまり多用せず、通話もそれほど頻繁でないライトユーザーに最適な組み合わせでしょう。5インチと大型化しているスマートフォンでも画面小さいと感じるシニア層には最適かもしれません。

データ通信プランはすでにスマートフォンや携帯電話を持っている人の2台目として最適でしょう。スマートフォンであればテザリングという選択肢もありますが、タブレットを使う度にいちいち設定するのは結構面倒です。カバンから取り出してすぐ使えるFonepad 7 LTEは2台目として十分な選択肢となるでしょう。

Source:hi-ho

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。