【朗報】「iOS 8」においてサードパーティ製ブラウザの性能が向上へ

iOS 8
Appleの最新のOSである「iOS 8」において、サードパーティ製のウェブブラウザ(iOS版Chromeなど)の性能が向上することが判明しました。

サードパーティ製ブラウザの性能向上の理由

AppleはiOS 7まで、高速なJavascriptエンジンである「Nitro」へのアクセスを制限しており、サードパーティ製のブラウザはSafariと比較するとJavascriptの処理速度が遅く、利用者や開発者から不満が多数出ていました。

最新OSであるiOS 8ではSafariが使用している「Nitro」をサードパーティ製のブラウザが利用することが可能になり、ChromeなどSafari以外のiOSのブラウザアプリでSafariと同等のレベルまでの高速化が見込めるとのことです。

9to5Mac

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

やほお
執筆:やほお
HUAWEI Mate S使いの西木野真姫ちゃん推しです。

Geekles(ギークルズ)をフォロー

Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。