ドコモ、電子雑誌読み放題サービス「dマガジン」を20日より開始 月額400円

dマガジン
NTTドコモは18日、「dマーケット」のコンテンツジャンルの拡充として、電子雑誌の読み放題サービス「dマガジン」を20日より提供開始することを発表しました。料金は月額400円(税抜)。

どのような雑誌が読めるの?

dマガジンでは幅広いジャンルの79誌が提供されます。

扱われる雑誌のジャンルは以下の14種類。

  • お出かけ・旅行
  • 男性ファッション
  • 趣味・スポーツ
  • IT・デジタル
  • 政治・社会・国際
  • 経済・ビジネス
  • 芸能・エンタメ
  • グルメ
  • 女性ファッション
  • 美容・コスメ・ダイエット
  • 料理レシピ
  • 占い
  • 恋愛・ライフスタイル
  • 暮らし・雑貨

具体的には「日経PC21」、「日経マネー」、「月刊フットボリスタ」、「Ranzuki」、「DRESS」、「Weekly Pargolf 週刊パーゴルフ」、「Hanako」、「エル・ジャポン」、「ハーパース・バザー」、「Hot-Dog PRESS」、「アスキークラウド」、「週刊ファミ通」、「週刊アスキー」など多彩にわたっています。

対応端末は、スマートフォン・タブレット(iOS6.1〜7.1、Android 4.0〜4.4)。ドコモのユーザーはドコモ ケータイ払いを利用してサービス料金を支払うこととなりますが、ドコモとの回線契約がないユーザーでもdocomo IDを発行した上で、クレジットカード払いで利用可能。

ソフトバンクの「ビューン」のようにはならないか

携帯電話キャリアが電子雑誌の読み放題サービスといえば、ソフトバンクの「ビューン」がありました。ビューンは初代iPadの発表の勢いで鳴り物入りでサービス開始されたものの、ユーザーがアプリで読める範囲が実際の雑誌の範囲とは異なり「ビューンは “試し読み” サービス」と酷評されることもありました。

今回、ドコモがソフトバンクの轍を踏まないように期待したいところです。

Source:ドコモ

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。