BIGLOBEスマホ、第1弾はシャープ製「AQUOS PHONE SH90B」セットで月額3476円

BIGLOBEスマホ
ドコモのネットワークを利用した格安SIMの販売を行うビッグローブが、音声通話に対応した「音声通話SIM」を発表しました。また、それとスマートフォンのセット販売も行います。

1GBのデータ量と音声通話が可能なスタートプランは月額1600円

音声通話SIM
音声通話SIMは文字通り080、090から始まる電話番号が利用できるサービスです。通話料は30秒20円となり、利用料とあわせて請求されます。データ通信は下り最大150Mbpsのdocomo Xiを利用できます。

使い方にあわせて4つのプランから選べる

音声通話SIMには4つのプランがあり、利用するデータ通信量にあわせて選択できます。

  • スタートプラン(1GB/月):1600円/月
  • ライト Sプラン(2GB/月):2405円/月
  • ライト Mプラン(3GB/月):3738円/月
  • スタンダードプラン(7GB/月):4690円/月

スタートプランでは月額1600円で利用でき、一般的な大手キャリアと同じ7GB/月のスタンダードプランでも月額4690円と非常に安価です。

AQUOS PHONE SH90Bのスペック

OSAndroid 4.2
CPUQualcomm Snapdragon 600 1.7GHzクアッドコア
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)32GB
ディスプレイ4.8インチ、解像度:1920×1280
カメラアウトカメラ:1310万画素、インカメラ:210万画素
バッテリー容量2600mAh
サイズ・重量約138(H)x70(W)x9.9(D)mm、157g
カラーホワイト

Snapdragon 600は2013年夏モデル頃のスマートフォンに搭載されていたものと同等です。性能面で見れば最新世代のものに劣りますが、十分高性能なスマートフォンと言えます。

以前は音声通話に対応しないデータ通信専用SIMとセットで販売されていたため「ほぼスマホ」と呼称されていました。SH90Bはもともと音声通話機能を搭載していたので仕様の変更はありません。

通話定額プラン横並びで注目度が増す格安スマホ

ドコモ、au、ソフトバンクの3社が横並びで月額2700円の通話定額を開始します。通話量が多く歓迎している人も多いですが、あまり嬉しく感じていない人も少なからず存在します。
格安SIMでは通話料は大手キャリアの従来プランと同様の30秒20円という設定です。データ通信量も大手キャリアと同じ7GB/月のプランも存在し、プランだけ見れば遜色ないレベルに達しています。

「音声通話SIM」およびセット販売の「BIGLOBEスマホ」は7月1日発売予定です。
「音声通話SIM」はビッグローブ公式サイトでの申し込みに対応するほか、イオンやヨドバシカメラ、Amazon.co.jpや楽天市場でも申し込み可能です。

Source:BIGLOBE

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。