ヨドバシカメラで実質90円でLTEを利用できるSIMを発売 ―Wi-Fiスポットサービスとセットで月480円

ヨドバシカメラ、安すぎSIM
ワイヤレスゲートは1日、公衆無線LANスポットとNTTドコモのLTEネットワークに対応したデータ通信サービス「ワイヤレスゲート Wi-Fi +LTE SIMカード」を9月1日に発売することを発表しました。販売はヨドバシカメラ店頭並びにヨドバシ・ドット・コムで行われ、7月1日より予約開始。

「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」の概要

「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」は月額480円・月額920円・月額2480円・月額5490円のプランが用意されています。詳細は以下の通り。

プラン料金(税込み)LTEの月間通信容量LTEの通信速度(理論値)SMS
480円プラン月額480円制限なし250kbpsオプション(月額150円)
920円プラン月額920円1GB最大150Mbpsオプション(月額150円)
2480円プラン月額2480円5GB最大150Mbps対応
5490円プラン月額5490円10GB最大150Mbps対応

月額480円プラン以外は容量超過時には通信速度は250kbpsに制限されます。

すべてのプランにおいて、200MBごとに540円を支払うと通信速度制限を解除できる「チャージ機能」も用意されており、下り最大150Mbpsで通信が可能です。

SIMのサイズは標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類が提供されます。初回購入時にSIMカード発行手数料として3000円がかかり、解約時に違約金はかかりません。

すべてのプランで全国4万スポットの公衆無線LANを利用可能

300_img01
月額480円プランを含むすべてのプランにおいて、公衆無線LANサービスを利用することができます。

利用できるエリアはマクドナルドを中心とした「BBモバイルポイント」、スターバックスコーヒーやタリーズコーヒーなどで提供されている「Wi2 300」、関西圏がメインの「eoモバイル Wi-Fiスポット」。

ユーザーにはiOSやAndroid向けに公衆無線LANスポットの検索や通信速度制限解除や通信状態の良いWi-Fiに優先的に接続できるようにする設定が行えるアプリが提供されます。

通常、ワイヤレスゲートでは公衆無線LANサービス単体で月額390円で提供されていますが、今回の月額480円SIMが登場したことにより、実質90円で250kbpsながらもLTEを利用することができます。非常にコストパフォーマンスが高いSIMと言えるのではないでしょうか。

Source:ケータイWatch

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。