JAL国内線でも機内Wi-Fiが利用可能に ―7月23日より順次導入

140702_jal_sky_wi-fi

JALは、7月23日より羽田=伊丹線、羽田=福岡線、羽田=函館線の一部の新仕様機材において、機内Wi-Fiサービス「JAL SKY Wi-Fi」を導入することを明らかにしました。

JAL SKY Wi-Fiの概要

機内では、無料のコンテンツを自身のスマートフォンやタブレットなどでWi-Fi経由で楽しめる機内エンターテイメントシステムのほか、米gogo社の衛星を利用したインターネット接続サービスを利用することができます。

機内インターネット接続サービスの料金は、時間制料金プランでは30分400円。

フライト中ずっと利用できるフライトプランは、以下のとおりスマートフォンとPC・タブレットで料金が変わる路線があります。

  • 450マイル以下の羽田=伊丹線といった路線では、400円(PC・スマートフォンともに)
  • 451〜650マイルの羽田=福岡線などは500円(スマホ)・700円(PC・タブレット)
  • 651マイル以上の羽田=沖縄線などは、700円(スマホ)・1200円(PC・タブレット)

料金の支払いはクレジットカードのみとなります。現時点では国際線で実施されているJALカード会員特別価格といった設定はありません。

通信速度については、衛星回線を通じたサービスのため、YouTubeやニコニコ動画といった動画系サイトやクラウドストレージへのアップロード・ダウンロードなどの大容量データを扱うのには難しい速度とのこと。

7月23日時点では、東京(羽田)=大阪(伊丹)線、東京(羽田)=福岡線、東京(羽田)=函館線で提供が開始されます。8月からは、東京(羽田)=札幌(新千歳)線の一部にて導入予定です。

利用できる便を調べる方法

tm_20140630_SKY WIFI_fig5

JAL SKY Wi-Fiを利用できる便は7月23日より同社Webサイトの予約画面で確認することができる上、JAL SKY Wi-Fiを提供している航空機の出入り口付近にJAL SKY Wi-Fiのロゴが貼られる予定です。

JAL SKY Wi-Fiと合わせて国内線ファーストクラスでは、ファーストクラス利用客向けに7日からモバイルバッテリーが提供されます。機内でくつろぎながら、スマートフォンやタブレットを充電することができます。USBケーブルは用意されていないので持参する必要があります。

同社国際線では、既に成田=ニューヨーク線を初めとした路線では、JAL SKY Wi-Fiが提供されています。テレビCMなどで阿部寛さんが紹介していたのもこのサービスです。筆者も成田=フランクフルト便に搭乗した際に利用しましたが、機内でインターネットが使えるのは非常に快適でした。今後の拡充に期待です。

Source:JAL|JAL

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。