「Android L」開発者プレビュー版、Android 4.4よりバッテリー持ち33%向上とのレポート

Android Lを入れたNexus 5

Arstechnicaの公開したレポートによると、Nexus 5を利用したWi-Fi利用時のWEB連続ブラウジング時間の測定において、Googleが現在配布している「Android L開発者プレビュー版」は、Android 4.4よりも33%もバッテリーが長持ちすることが判明しました。

Android 4.4が「345分」だったのに対し、Android Lは「471分」と、2時間以上も長持ちしたとのことです。

Android Lのバッテリー比較
Android Lには省電力システムである「Project Volta」が搭載されており、バッテリー持ちの向上に起因しているものと思われます。

今回比較に利用されたものは開発プレビュー版であるため、正式リリースされる次世代Androidでは更なるバッテリー持ちの向上が期待できそうですね。

Source:Ars Technica

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。