Galaxy S4 mini、MVNO向けに日本市場へ投入か ―総務省技適を通過

サムスン、Galaxy S4mini

blog of mobileは7日、サムスン製のスマートフォン「Galaxy S4 mini」が総務省の技術基準適合証明又は工事設計認証(技適)に通過したと報じています。

既に判明しているGalaxy S4 miniのスペックなどは以下の通り。

OSAndroid 4.2.2 (Jelly Bean)
ネットワークFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/800(B19) MHz
W-CDMA 2100(I)/800(VI/XIX) MHz
CPU1.7 GHz デュアルコアCPU
RAM1.5GB
ROM(内部ストレージ)8GB
ディスプレイ4.3インチ、解像度:960×540
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:190万画素
バッテリー容量1900mAh
サイズ・重量124.6 x 61.3 x 8.94mm、107g

NTTドコモが運用しているバンド19(800MHz)に対応していることから、NTTドコモに対応した端末になると思われます。しかしながら、ドコモの周波数帯に完全に対応していないので、MVNO向けに提供されるのが妥当だと思われます。

Source:blog of mobile

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。