中国のスマホメーカー「小米科技(Xiaomi)」、インドで「Mi3」を発表 ーインド市場に参入

Xiaomi India
中国のスマートフォンメーカーである「小米科技(Xiaomi)」がインドで「Mi3」を発売すると発表しました。
Xiaomiとしては「Mi3」がインドで発売する最初のスマートフォンとなっており、インド市場に参入することが発表された形となります。

「Mi3」のスペック

OSMIUI OS(Androidベース)
CPUSnapdragon 800 2.26GHz
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5インチ 1920×1080 441ppi IPS
アウトカメラアウトカメラ:1300万画素のExmor RS,F2.2 28mm デュアルLEDフラッシュ
インカメラインカメラ:200万画素のExmor R,F2.2 32mm
バッテリー容量3050mAh
サイズ・重量約144(H)x73(W)x8.1(D)mm、145g
その他急速充電対応

価格は14999ルピー、日本円で約25488円と、ハイエンドなスペックであるにも関わらず非常に安価で、同等のスペックであるXperia Z1の44800円(EXPANSYS)と比較しても2万円近く安くなっています。

現在予約受け付け中で、7月15日に発売されるとのことです。

「Xiaomi」ってどんな企業?

Xiaomi
「Xiaomi」は中国のスマートフォンメーカーで現在急成長中の企業です。中国ではAppleなどよりもシェアを獲得しており、レノボに次いで3位となっています。
ハイエンドスペックな端末を他社よりも低価格で販売していることから、「パーツの質を下げているのでは?」等と言われることもありますが製品の質などもよく、中国では「Mi3」の発売直後、初回入荷分の10万台が2分足らずで完売したという逸話もあります。
最近ではグローバル展開するために、GoogleのAndroid製品管理ディレクターであったヒューゴ・バラ氏をヘッドハンティングしたことでも有名です。

Source:Xiaomi India via juggly

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。