アップル、5.5インチiPhone 6の製造過程で問題発生か― 発売が2015年にずれ込む可能性も

iPhone 6 モックアップ全体

KGI SecurityのアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、アップルは5.5インチモデルのiPhone 6の製造過程において問題が発生したため、4.7インチのiPhone 6を先に発売し、5.5インチモデルの発売は2015年にずれ込む見込みであるとしています。

Kuo氏によると5.5インチモデルは、前モデルのiPhoneと比較して製造工程が複雑となった上、サファイアディスプレイをTouch ID(指紋認証システム)で用いるために、製造において正確性を極めるため、全体的に製造に時間がかかる模様です。

5.5インチのiPhone 6の品質を落とすならば2014年10月の発売になると思われますが、既にリークされている情報を実現した形でiPhone 6が登場するなら、発売が2015年にずれ込む恐れがあるとのこと。

またMacRumorsはリーク情報として、サファイアディスプレイが高価格なためiPhone 6の量産が限られてしまっているうえ、バッテリーにおいても問題が発生していると伝えているため、5.5インチモデルのiPhone 6の発売が2015年にずれこむのも不思議ではありません。

Source:MacRumors

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

小鳥遊静雄
執筆:小鳥遊静雄
某私大外国語学部所属。通信技術などが大好物。根っからの犬派。だけども猫も好き。Twitterは@t_shizuo。

Geekles(ギークルズ)をフォロー

Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。