京セラ、「Brigadier」を発表 サファイアガラスを採用したスマートフォン

Brigadier
京セラは、米国でVerizon向けにスマートフォン「Brigadier」を発表しました。ディスプレイ部分にサファイアガラスを使用しており、防水防塵にも対応したタフネススマートフォンになります。

「Brigadier」のスペック

OSAndroid 4.4 KitKat
CPUSnapdragon 400 1.4GHz
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ4.5インチ HD 1280×720
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:200万画素
バッテリー容量3100mAh
サイズ・重量 約13.6×6.8×1.3cm、約187g
その他IP6/8防水防塵 軍用規格810G準拠

デザイン、スペック共に先日から日本で発売が始まった「TORQUE G01」と似ています。おそらく、ディスプレイ面のみをサファイアガラスに置き換えたものと思われます。サファイアガラスを使用しているにも関わらず日本円にして約4万円と非常に安価になっています。

サファイアガラスを利用した製品

サファイアガラスは高価ではありますが、宝石のサファイアと同様に非常に高い強度と耐摩耗性を兼ね備えており、普通のガラスと比較するとかなり丈夫である点があげられます。

そんなサファイアガラスを利用した、身近な製品を一部紹介したいと思います。

iPhone 5sのホームボタンや、iPhone 5以降のカメラ部分

touch idiPhone 5sのTouch IDのホームボタンの部分やiPhone 5以降のカメラ部分のカバーガラスにサファイアガラスが使用されています。

腕時計の風防

オシアナスCASIOのオシアナスシリーズなど、一部の高級時計の風防にはカットガラスではなくサファイアガラスが使用されています。

VERTU Constellationシリーズ

vertu-constellation身近な製品とは言えませんが高級スマートフォンであるVERTU Constellationシリーズではディスプレイ部分にサファイアガラスが使用されています。おそらく、世界で初めてスマートフォンのディスプレイにサファイアガラスを使用したメーカーになると思われます。

サファイアガラスは高価なので、スマートフォンのディスプレイに使われるスタンダードにはならないかもしれませんが、今後は高級路線の製品やフラッグシップモデルには使われることが増えてくるかもしれませんね。

Source:GSMArena

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。