ドコモ、「GALAXY S5 Active SC-02G」4日発売 耐水・耐衝撃だが落下テストで裏蓋が外れる動画も

galaxy s5 active
NTTドコモは10月4日、サムスン製タフネススマートフォン「GALAXY S5 Active SC-02G」の販売を開始しました。

「GALAXY S5 Active SC-02G」のスペック

OSAndroid 4.4
CPUSnapdragon801 MSM8974AC 2.5GHz
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5.1インチ、解像度:1920×1080 SuperAMOLED
カメラアウトカメラ:1600万画素、インカメラ:210万画素
バッテリー容量2800mAh
サイズ・重量145mm×74mm×9.2mm(最厚部 約10.3mm)、171g
カラーCamo Green、Titanium Gray
その他MIL規格対応、防水防塵(IPX5/7、IP6X)

米国国防総省の軍事規格(MIL-STD-810G)の18項目数を保有した、耐衝撃、耐温度、耐湿度、耐塩、防水・防塵スマートフォンです。

また、タフネススマートフォンながら厚さを9.2mmまで抑えており、普段使用においても分厚さを感じさせないモデルとなっています。基本的にGALAXY S5をベースにしていますが、ストレージが32GBから16GBに、そして2014年のサムスン製フラッグシップ機に搭載されていた指紋認証センサーが削られています。

疑問が残る耐久性


(1:30あたりから)

動画を見ていただくとわかるように、背面から落下させた時にあっさり裏蓋と電池パックが外れてしまっています。

タフネススマートフォンとして実使用を想定して考えると、川で使用している時に岩の上に落下し裏蓋が外れ、川に落ちてしまったら水没してしまうため、耐衝撃性能を過信しすぎない方が良さそうですね。裏蓋が外れやすいということは、蓋が緩いことに繋がると思うので、防水性能にも疑問が残ります。

スペック面では劣ってしまいますが、auから発売されている京セラのTORQUE G01は電池パックが交換できない仕様なので、耐衝撃防水防塵を心配される方はこちらの方がいいのではないでしょうか。

Source:NTTドコモ

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント:2件

    • 見た目がタフネスケータイなのかw

    • 実用性無し!落下の瞬間フタが開く!

    • フタ開いちゃったら防水出来なくね?

    • 今、病院の床に椅子から落としました。

      見事に裏フタが外れてしまいました。

      残念。

    Geekles(ギークルズ)をフォロー

    Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。