HTC、自撮り特化の1300万画素インカメラ搭載「Desire EYE」と自撮りを強化する「EYE Experience」を発表

Desire EYE
HTCは10月8日、自撮りに特化したスマートフォン「Desire EYE」と、カメラ機能を強化する「HTC EYE Experience」を発表しました。

「Desire EYE」のスペック

OSAndroid 4.4.4 KitKat、Sense 6
CPUSnapdragon 801 2.3GHz
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5.2インチ、解像度:1920×1080
インカメラ1300万画素、F/2.2 22mm
アウトカメラ1300万画素 F/2.0 28mm
バッテリー容量2410mAh
サイズ・重量約151.7 x 73.8 x 8.5mm、154g
カラーホワイト・レッド、ダークブルー・ライトブルー
その他防水(IPX7)

注目すべき点は前面に搭載された1300万画素のカメラです。ソニーのセルフィー(自撮り)特化スマートフォンである「Xperia C3」を遥かに上回る1300万画素+デュアルフラッシュのカメラは、使う人に素晴らしいセルフィー体験をもたらしてくれるでしょう。

また、他社のセルフィー特化のスマートフォンはハイクオリティなカメラを搭載する代わりに、ディスプレイやCPUなどがミッドレンジレベルであるものが多かったですが、Snapdragon801とフルHDディスプレイを搭載しており、ハイスペック志向の強い日本でも受け入れられるであろう端末に仕上がっています。

唯一残念な点としては、HTC ONE (M8)やHTC J Butterfly HTL23に搭載されているDuo cameraが無い点ですが、背面にも1300万画素のカメラが搭載しており、普段使用では問題ないでしょう。

EYE Experience」とは

Screenshot_2014-10-09-14-16-26~01
EYE Experienceは、Desire EYEに搭載されている、HTCの強化されたカメラ機能をまとめて呼称したもので、Split CaptureやVoice Selfie、Crop-Me-In、face trackingなどの機能が追加されます。
写真合成や音声シャッター、フォーカス機能など様々な点で強化されており、既存の機種にもアップデートで追加される見込みです。

「EYE Experience」に対応する既存の端末

EYE Experienceの対応が発表されているのは、HTC One(M7)、HTC One(M8)、HTC One (E8)、HTC One mini、HTC One mini 2です。
しかし、アップデートされるかはキャリアによるため、日本で発売された端末にアップデートが来るかは現時点では未定です。

Source:HTC

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。