ASUS、国内向けに「Zenfone」「ZenWatch」を投入か? ティザーサイトが登場

zen
ASUSは10月28日に予定されている新商品発表イベントのティザーページをオープンしました。

ページ内には、「Zenfone」と見られる端末の画像や、「禅」と言った文字が見受けられます。現時点では、それらの画像の他にカウントダウンタイマーが設置されているのみです。

zenfone

「Zenfone」のスペック

「Zenfone」は4、5、6インチの3種類で展開されており、それぞれのスペックについて紹介したいと思います。

「Zenfone4」

zenfone 4

OSAndroid 4.4 kitkat
CPU Intel Atom Z2520 1.2GHz
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)8GB
ディスプレイ4インチ、解像度:800×480
カメラアウトカメラ:500万画素、インカメラ:30万画素
バッテリー容量1170mAh
サイズ・重量124.4×61.4×11.2mm、115g
カラー スカイブルー、ソーラーイエロー、チェリーレッド、パールホワイト、チャコールブラック

Zenfone 5

zenfone 5

OSAndroid 4.4 kitkat
CPUIntel Atom Z2580 2GHz
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)8or16GB
ディスプレイ5インチ、解像度:1280×720
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:200万画素
バッテリー容量2110mAh
サイズ・重量148.2×72.8×10.34mm、145g
カラーシャンパンゴールド、チェリーレッド、パールホワイト、チャコールブラック

Zenfone 6

zenfone 6

OSAndroid 4.4 kitkat
CPUIntel Atom Z2580 2GHz
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)8or16GB
ディスプレイ6インチ、解像度:1280×720
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:200万画素
バッテリー容量2110mAh
サイズ・重量 166.9×84.3×9.9mm、200g
カラーシャンパンゴールド、チェリーレッド、パールホワイト、チャコールブラック

「Zenfone」は3機種ともハイスペック端末ではなくミドルレンジ端末となっています。「Zenfone」ではどのモデルでも4色のカラーバリエーションがあり、シックな色からポップな色まで幅広くあるのが特徴的です。ホームボタンはナビゲーションバーが表示されるのではなく、ディスプレイの外にあるタッチキー方式を採用しているため画面を広く使うことが可能です。

注目すべきはコストパフォーマンス

「Zenfone」は現時点でも、Amazon.co.jpで海外SIMフリーモデルが入手可能になっており、「Zenfone 5」のLTE対応版が約2~3万円と非常に購入しやすい価格です。筆者も一度だけ「Zenfone 5」に触れたことがあるのですが、動作も軽快で質感も低価格帯の端末としてはかなりしっかりしており、海外旅行用に一台入手しても良いなと思えるほどでした。

Source:ASUS

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。