サムスン、アルミボディ採用のミッドレンジスマートフォン「GALAXY A3」と「GALAXY A5」を発表 ー「Zenfone 5」の対抗馬か

GALAXY A
Samsungは10月31日、アルミボディ採用のLTE対応ミッドレンジスマートフォン「GALAXY A3」と「GALAXY A5」を発表しました。

スペック

「GALAXY A3」のスペック

GALAXY A3

OSAndroid 4.4 KitKat
CPU1.2GHz Quad-Core Processor
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ4.5インチ 960×540 qHD Super AMOLED
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:500万画素
バッテリー容量1900mAh
サイズ・重量130.1×65.5×6.9mm、110.3g
カラーPearl White, Midnight Black, Platinum Silver, Soft Pink, Light Blue, Champagne Gold
その他LTE Cat.4

「GALAXY A5」のスペック

GALAXY A5

OSAndroid 4.4 KitKat
CPU1.2GHz Quad-Core Processor
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5.0インチ 1280×720 HD Super AMOLED
カメラアウトカメラ:1300万画素、インカメラ:500万画素
バッテリー容量2300mAh
サイズ・重量139.3×69.7×6.7mm, 123g
カラーPearl White, Midnight Black, Platinum Silver, Soft Pink, Light Blue, Champagne Gold
その他LTE Cat.4

また、SoCに関しては「Quad Core 1.2 GHz processor」と記載されていますが、おそらくQualcommの64bitCPUであるSnapdragon 410と見られています。

「GALAXY A5」は価格によっては「Zenfone 5」の対抗馬に?

「GALAXY A5」は先日国内販売がアナウンスされた「Zenfone 5」とRAMやディスプレイ等スペック面で共通面が多くお互いに競合機種になることが予想されます。
「GALAXY A5」はSoCが64bitCPUである点や、アルミボディを採用している点で「Zenfone 5」を上回っています。「Zenfone 5」の16GBモデルが2万6800円であるので「GALAXY A5」が2万円後半から3万円前半で販売された場合「Zenfone 5」よりも人気機種になる可能性は十分にあると思います。

端末の質感を上げてきているサムスン

GALAXY ALPHA
HTCの「HTC One M8」やソニーの「XPERIA Z3」などがアルミやガラス素材を採用する中、サムスンの「GALAXY S5」はプラスチック筐体で他社端末に比べて格段に質感に劣っていました。

しかし、「GALAXY Alpha」や「GALAXY A」シリーズなど質感を意識した端末も増え始め、外観のクオリティを着実に上げてきています。業績が落ち始めているサムスンの反戦の狼煙なるであろう「GALAXY S5」の後継機種のクオリティに期待が持てますね。

Source:Samsung

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。