京セラ、AT&T向けの4.5インチのタフネススマートフォン「DuraForce」を発表

Duraforce
京セラは米国のAT&T向けに4.5インチのLTE対応タフネススマートフォン「DuraForce」を発表しました。11月21日発売予定となっています。

「DuraForce」のスペック

Duraforce

OSAndroid 4.4 KitKat
CPUQualcomm Snapdragon 400 1.4GHz
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ4.5インチ、1280×720
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:200万画素
バッテリー容量3100mAh
サイズ・重量136×70.5×13.9mm、200g
カラーブラック
その他耐衝撃 MIL-STD-810G、防水防塵 (IP68)

SoCやRAMなどの基本仕様がauの「TORQUE G01」やVerisonの「Kyocera Brigadier」と共通していることから、おそらくそれらがベースモデルであると思われますが、質量が他の2機種に比べわずかに重くなっている点やデザインが変更されている点などから、完全な同一機種ではなさそうです。

国内で買えるタフネススマートフォン

「TORQUE G01」

torque日本で発売されているタフネススマートフォンといえば、まず思い浮かぶのがこの京セラ製の「TORQUE G01」になるでしょう。SoCはミッドレンジ向けのSnapdragon 400となっていますが、液晶の解像度がHDに抑えてあり3100mhAと大容量のバッテリーを搭載していることから長時間駆動が期待できる端末です。

「GALAXY S5 Active SC-02G」

galaxy s5 activeハイスペックタフネススマートフォンのサムスン製「GALAXY S5 Active SC-02G」になります。同社のハイエンド端末「GALAXY S5」がベースモデルとなっており動作の軽快さはタフネススマートフォンの中でもそれ以外でも上位に入ります。落下させると裏蓋が外れてしまう動画がYoutubeにアップロードされたのも記憶に新しいですね。

「FZ-E1」

FZ-E1一部のマニアの間では人気のパナソニック製TOUGH PAD「FZ-E1」です。法人向け端末ということで上の2機種に比べて入手が難しいですが、間違いなく所有者に満足感をもたらしてくれるでしょう。

Source:京セラ

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。