Snapdragon 410搭載「Huawei Ascend G620S」は実売価格2万2000円前後で12月発売

Ascend G620S 002中国メーカーのファーウェイは日本国内向けに低価格なLTE対応SIMフリースマートフォン「Ascend G620S」を発表しました。
発売日は12月中旬で、家電量販店や各MVNOなどで販売されます。

Huawei Ascend G620Sの主なスペック

OSAndroid 4.4 KitKat
CPUQualcomm Snapdragon 410 1.2GHzクアッドコア
RAM1GB
ストレージ8GB + microSDHC
ディスプレイ5.0インチ、解像度:1280×720
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:200万画素
バッテリー容量2000mAh
サイズ142.9×72.1×8.5mm
重量160g
カラーホワイト、ブラック
その他LTE対応、SIMフリー

格安スマホとしては定番な価格と性能のバランスを取ったミッドレンジモデルです。搭載しているSnapdragon 410は従来の格安スマホで多く採用されているSnapdragon 400の後継で処理能力が向上しています。
LTEはバンド1、3、7、19に対応しています。ドコモのネットワークを利用する格安SIMとの組み合わせに最適です。

Emotion UI 2.3を搭載

Ascend G620S 003ファーウェイ独自のUIとして「Emotion UI」を搭載しています。最初に設定されているホームアプリは一般的なAndroidのようなドロワーが無く、iPhoneのようにホーム画面上にすべてのアプリアイコンが並びます。また、スマートフォンに慣れていない人向けのシンプルでアイコンが大きなホームアプリも用意されています。

2万円台の激しい戦い

先日エイスースがZenFone 5を発表し、2万円台のコストパフォーマンスに優れた製品がしのぎを削っています。その中でもAscend G620Sは2万2000円前後と比較的安価な価格設定です。さらに唯一Snapdragon 410を搭載し、処理能力では他より勝っている点で選択肢となり得るでしょう。

Source:Huawei

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。