ロシアYota、背面にE-inkディスプレイ搭載の両面スマートフォン「YotaPhone 2」を発表

Yota Phone 2
ロシアのスマートフォンメーカーYotaは、E-Inkディスプレイ搭載の「YotaPhone 2」を正式発表しました。12月より出荷開始。

価格は価格32,990ルーブル(約73,000円)となっており、他社のハイエンドモデルと同等の価格帯です。

「YotaPhone 2」のスペック

Yota Phone 2

OS Android 4.4.2 KitKat
CPUSnapdragon 800
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)32GB
ディスプレイ5インチ、解像度:1920×1080
ディスプレイ4.7インチ、E-ink 解像度:960×540 qHD
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:200万画素
バッテリー容量2500mAh
サイズ・重量144.9×69.4×8.95mm、145g
カラーブラック、ホワイト
LTEBand3,7,20

「E-inkディスプレイ×スマートフォン」

YotaPhone以外にE-inkディスプレイを搭載したスマートフォンに、中国の電子書籍端末メーカーOnyxが発表した「Ink Phone」というスマートフォンが存在します。

Ink Phone

Midia InkPhone
このスマートフォンは、カラーディスプレイ無しのE-inkディスプレイ単体という構成であり、フル充電で2週間駆動すると言われています。
惜しむらくはそのスペックで、以下の通りローエンドモデルでした。

Midia Ink Phoneのスペック

OSAndroid 2.3.5
CPU Mediatek MT6515M Cortex A9 1.0 GHz
RAM512MB
ROM(内部ストレージ)512MB
ディスプレイ4.3-inch E Ink  800 x 480
バッテリー容量1800mAh
サイズ・重量 133.6 x 70.1 x 9.6mm、120g

Source:YotaOnyx

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。