DMMがMVNO事業に参入、「DMM mobile」を発表 バックボーンはIIJか

DMM
デジタルコンテンツの配信などの大手であるDMMは12月17日、ドコモのネットワークを利用したMVNOサービス「DMM mobile」を提供することを発表しました。

SIM単体の場合の料金プラン

SIMが1枚のシングルコースと、最大3枚のSIMで高速データ通信容量を分け合えるシェアコースから料金プランを選ぶことができます。データSIMプランはSMS機能が付いていませんが、月額150円のSMSオプションを付けることで利用が可能です。

通信速度は高速通信ON時で、下り最大150Mbps/上り最大50Mbps、高速通信OFF時で最大200Kbpsとなります。

シングルコース

データSIMプラン通話SIMプラン
1GB660円1,460円
3GB1,280円1,980円
5GB1,780円2,380円
7GB2,280円2,880円
8GB2,780円3,580円
10GB3,680円4,480円

シェアコース

8GB10GB
データSIMプラン2,780円3,680円
通話SIM1枚プラン3,580円4,480円
通話SIM2枚プラン4,380円5,280円
通話SIM3枚プラン5,180円6,080円

バーストモードあり

低速状態でもはじめの数秒間だけ高速通信で読み込みを行う「バースト機能」があるので、快適にインターネットを閲覧することができます。

セット購入可能な端末

DMM
現時点でAscend Mate7、Ascend G6、Zenfone 5、NEXUS 7 2013、LG G2 mini、freetel XMの計6台を取り揃えており、ミッドレンジ端末からハイスペック端末まで、よりどりみどりな構成となっています。

回線元はIIJか

DMM mobileのAPN設定の箇所を確認すると、APNのところに「vmobile.jp」という記載があります。

この「vmobile.jp」というAPNはIIJが、MVNEとなって回線提供しているMVNOによく使われているAPNで、IIJの回線を利用している「hi-ho」や「BBエキサイトモバイルLTE」などにも同様の記載が見られます。またIIJmioと同様のバースト機能が存在することなどからも、「DMM mobile」はIIJのバックボーンを利用しているのではないかと推察されます。

IIJの回線品質は定評があり、そのバックボーンを利用している「DMM mobile」は新興のMVNOながら速度や安定性の点でかなり期待が持てそうですね。

Source:DMM mobile

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。