Huawei、6インチディスプレイ搭載のファブレット「Ascend GX1」発表

Ascend GX1
Huaweiは12月23日、6インチディスプレイ搭載のの低価格ファブレット「Ascend GX1」を発表しました。Ascend Mate 7やHonor 6 Plusとは異なり、エントリークラスのスペックの低価格モデルとなります。

Ascend GX1のスペック

OSAndroid 4.4 KitKat
CPUSnapdragon 410 (MSM8916) 1.2GHz
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)8GB
ディスプレイ6インチ、解像度:1280×720 IPS
カメラアウトカメラ:800万画素、インカメラ:200万画素
バッテリー容量3500mAh
サイズ・重量 161×84.5×9.2mm、173g
カラーホワイト

2015年1月より発売予定で、価格は1590元(約3万円)となっています。China Telecom向けのモデルとなっており日本で発売される可能性は低そうです。

しかし、現在日本で発売されているHuaweiのラインナップには低価格帯のファブレットは存在しないため、Ascend GX1に近い端末が投入される可能性が無いとは言い切れなさそうです。

Source:vmall

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。