ソフトバンク、4月15日から「機種変更手数料」「MNP転出手数料」などの事務手数料を値上げ

sbm-logoソフトバンクモバイルは、事務手数料の改定を発表しました。以下の対象となるの手数料が一律3,000円(税抜き)になります。

  • 機種変更手数料(現在:2,000円、3G⇔4G/4G LTEの場合は3,000円)
  • MNP転出手数料(現在:2,000円)
  • 電話番号・メールアドレスお預かりサービス事務手数料(現在:2,000円)
  • 電話番号変更手数料(現在:1,500円)
  • 譲渡手数料(現在:1,800円)
  • USIM再発行手数料(現在:1,900円)

値上げの理由は?

同社によれば、改定の背景には事務対応の増加があるようです。これまでお客さまへのサービスとして各種手数料の一部を負担していたということですが、この書き方はなんとなく恩着せがましい印象を受けます。

改定前に手続きを

2015年4月15日の受付から値上げとなるので、何かある方は改定前に済ませておくと良いでしょう。なお、家族割引を継続したまま契約名義を家族に変更する場合には、これまでどおり、手数料はかからないということです。

Source:ソフトバンクモバイル

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

あさひな
投稿者:あさひな
面白ければ買う。新しければ買う。

この記事へのコメント:1件

  • 一部を負担したかどうかなんてのは、考え方次第でどちらにもなる言い訳でしかない。
    恩着せがましいにも程がある。

Geekles(ギークルズ)をフォロー

Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。