WiMAX 2+の周波数帯域が拡張開始、下り最大220Mbpsに対応  まずは栃木県真岡市から

WiMAX 2+ 200Mbps 001
UQコミュニケーションズは本日12日よりWiMAX 2+の周波数帯域を拡張しました。まずは栃木県真岡市から開始し、順次全国へ展開していきます。

キャリアアグリゲーションで下り最大220Mbpsに

WiMAX 2+ 発表会 002現行のWiMAX 2+の周波数帯域は20MHzでした。
今回の拡張によってさらに20MHz追加され、合計40MHzの帯域が利用できるようになります。

Speed Wi-Fi NEXT W01 001発売中の最新モデル「Speed Wi-Fi NEXT W01」はキャリアアグリゲーションに対応しています。この端末では20MHz + 20MHzを利用して下り最大220Mbpsでの通信が可能となります。

これにより、下り最大165MbpsのSoftBank 4Gを凌いで国内最速のモバイルネットワークとなりました。

既存ユーザーにも恩恵

従来の下り最大110Mbps対応のWiMAX 2+を利用しているユーザーにも恩恵があります。20MHzの帯域が2つに増えたため、今後はどちらか空いている方を利用できるようになり、今までよりも快適な通信が期待できます。

初代WiMAXは速度低下

今回WiMAX 2+に割り当てられた20MHzはもともと初代WiMAXで使われていたものです。WiMAXの帯域だった30MHzのうち20MHzがWiMAX 2+に移ったため、残りの10MHzしか利用できなくなります。
それに伴って、WiMAXの下り最大速度は1/3の13.3Mbpsに低下します。

WiMAX 2+乗り換えキャンペーン開催中

WiMAX 2+ 200Mbps 002初代WiMAXユーザーに向けてWiMAX 2+対応製品への乗り換えキャンペーンが開催中です。

また、各プロバイダから格安の販売キャンペーンが開催されているのでそれらを利用して快適なWiMAX 2+へ移行すると良いでしょう。

151016_gmo_wimax_02GMOとくとくBBでは「Speed Wi-Fi NEXT W01」が月額2,760円で利用できるキャンペーンを開催中です。
最新モデルでありながら端末代金も無料となるため非常にお得と言えます。キャンペーン期間は2月28日までとなっているため、検討中の方はお早めにどうぞ。

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。