ドコモ、格安スマホ市場参入を検討

Ascend G6 So-net 013
NTTドコモがMVNOとしての通信サービスを開始し、格安スマホ市場への参入を検討していることがブルームバーグのインタビューで明らかになりました。

ドコモの第2ブランド

Uq-mobileKDDIは第2ブランドとしてauのネットワークを利用したMVNO「UQ mobile」を開始しています。SoftBankも低価格を売りにした第2ブランドとして「Y!mobile」を展開中です。

サービスや通信の品質を重視したメインブランドと、手軽さや安さを重視した第2ブランドの体制が主流となりつつあります。

既存のMVNOへの影響

現在主流の格安SIMの多くは、ドコモのネットワークを利用した通信サービスです。
KDDIやSoftBankのような第2ブランドを持たないドコモは現在これらのMVNOと相互に補完しあう立場にあります。

ドコモがMVNOとして事業を開始することでその関係が崩れ、今後のパワーバランスが大きく変わるかもしれません。

Source:Bloomberg

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

らぐのふ
執筆:ragnov
気になるガジェット、格安スマホや格安SIM(MVNO)のニュースやレビューを書きます。初心者でもわかりやすい記事を目指します。

Geekles(ギークルズ)をフォロー

Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。