VAIO初のスマートフォン「VAIO Phone VA-10J」発表後、批判殺到

VAIO Phone 000
日本通信とVAIOの協業によって生まれた「VAIO Phone」が発表されました。
発売日は3月20日です。

詳細な情報が公開される前から、VAIO初のスマートフォンということで非常に盛り上がっていましたが、批判の声も多く見られます。

「VAIO Phone VA-10J」の主なスペック

OSAndroid 5.0
CPUQualcomm Snapdragon 410 1.2GHzクアッドコア
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5インチ、解像度:1280×720
カメラアウトカメラ:1300万画素、インカメラ:500万画素
バッテリー容量2500mAh
サイズ・重量約141.5×71.3×7.95mm、130g
カラーブラック
その他LTE対応、SIMフリー

ミッドレンジクラスのスペックですが、RAMは2GB搭載しています。現在販売されているSIMフリースマートフォンの中ではASUSのZenFone 5に近いスペックと言えます。

本体の背面はガラスパネルが使用され、マット調の側面とのコントラストが映えます。側面がマット調なので保持する際すべり止めとしても機能します。

型番の「VA-10J」は「VAIO」をもじっているのでしょうか。

割高に見える販売価格と料金プラン

販売される申込パッケージの価格は一括払いで51,000円です。このうち48,000円が端末価格、3,000円が初期手数料となります。
端末代金は24回の分割払いも可能で、1回2,000円です。

料金プラン高速定額 音声付ライトプラン 音声付
データ量無制限1GB/月
通話料20円/30秒20円/30秒
月額利用料1,980円980円

料金プランはVAIO Phone専用のものです。そのため他の端末に挿しても使用できません。
どちらのプランも音声通話機能付きですから、かなり安価な料金設定と言えます。

安価な料金プランでバランスを取る

料金プランは「b-mobile SIM 高速定額 音声付」と「b-mobile SIM ライトプラン 音声付」がベースになっています。
VAIO Phone専用プランではそれぞれ800円、1,000円安く、最大で24,000円お得に利用できる計算です。

端末価格が割高な分、通信料を安くして上手くバランスを取っています。

大きく叩かれている理由

VAIO Phoneの発表直後からネット上ではネガティブなコメントが相次いでいます。

ELUGA U2と同一モデル

ELUGA U2 001
パナソニックが台湾向けに販売しているELUGA U2というスマートフォンがあります。台湾メーカーのクアンタ・コンピュータが製造を担当し、OEM供給しています。
VAIO Phoneの製造も担当し、奇しくもELUGA U2とデザインが全く同じです。ELUGA U2は日本円にして約30,000円で販売されています。

期待を煽り過ぎた

vaiopack 001
日本通信の決算説明会でVAIO Phoneの化粧箱だけを公開するなど、非常にもったいぶった演出をしていました。
パッケージにまでこだわりを見せるといった姿勢を見せながらも、実際には既存端末の流用だったという点でがっかりした方が多かったのではないでしょうか。

冷静に見ると案外悪くない

イオンスマホ 001
2014年にスマッシュヒットを記録し、格安スマホの知名度を一気に向上させた「イオンスマホ」の後継モデルという位置付けとして見れば順当な進化と言えます。

月々の料金は格安スマホとしては一般的な3,000円以下に抑えられていますし、端末のスペックも十分快適に使えるレベルです。

VAIOが作るスマートフォンということで期待が大きすぎたのは間違いありませんが、冷静に見れば案外悪くないのではないでしょうか。

訂正:2015/03/16 01:01
記事公開当初、「ELUGA U2 はプラスチックパネルである」という記述をしておりましたが、正しくはELUGA U2 もガラスパネルです。お詫びして、訂正致します。

VAIO Phone

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント:4件

    • なにこの中途半端なスペック。
      液晶がしょぼい、CPUもしょぼい、内部ストレージもしょぼい、カメラも中途半端、RAMも2G。
      低価格ならこのスペックでいいけどこれで5万はないわ。

    • 中途半端ですね。期待値との差が大きかったからこうなったんだと思いますね。

    • 今更感の強いスペックに5万。
      本体は使い回しできても、SIMは使い回しできず。
      3万レベル&VAIO冠無しorもっとサラッと出してきたならともかく、
      とにかく色々アンバランスとしか言いようがない。
      「他の選択肢」がいくらでもある今、これは無いですわー。

    • 日本通信の回線だもの・・・どうしようもない・・・

    Geekles(ギークルズ)をフォロー

    Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。