Huawei、フラッグシップファブレット「Huawei P8 Max」を発表 ―6.8mmの薄型ボディ、6.8インチJDI製IPSディスプレイ搭載

Huawei P8 Max

Huaweiは4月15日、ロンドンで行われたプレスイベントにて、同社のフラッグシップファブレットとなる「Huawei P8 Max」を発表しました。

「Huawei P8 Max」のスペック

OSAndroid 5.0 Lollipop EMUI 3.1
CPUHiSilicon Kirin 935 Octa-core 64bit
RAM3GB
ROM(内部ストレージ)16GB/64GB
ディスプレイ6.8インチ、解像度:1920×1080
カメラアウトカメラ:1300万画素 RGBW sensor OIS対応、インカメラ:500万画素
バッテリー容量4360mAh
サイズ・重量182.7 x 93 x 6.8 mm 、228g
カラーMystic Champagne,Prestige Gold,Titanium Gray,Carbon Black
その他デュアルSIM(LTE両対応)

P8 Max

「Huawei P8」同様アルミとガラスのツートンボディなのですが、こちらはガラス部分がボトム部分に来ておりP8とは少し違ったデザインでモデル間で差異をを出しています。
尚、価格はストレージが16GBでカラーリングがTitanium Grey又はMystic ChampagneのStandardモデルが549ユーロ(約69,000円)、ストレージが64GBでカラーリングがPrestige Gold又はCarbon BlackのPremiumモデルがが649ユーロ(約83,000円)となっています。

「Huawei P8 max」の特徴

厚さ6.8mmの薄型ボディ

Huawei P8 Max

端末の厚さは6.8mmとなっており、iPhone 6 Plusよりも薄くなっています。またカメラ部分は出っ張っておらずXperia Z Ultraのような一枚板のデザインをしています。
(注:Xperia Z Ultraは厚さ6.5mm)

画面占有率83%

P8 Max

ディスプレイのサイズが少し離れているため比較するのは難しいかもしれませんが、GALAXY Note4の80%を上回る画面占有率でこちらもP8同様画面への没入感を高めています。

通常使用で2.23日持つバッテリー

Huawei P8 max

「Huawei P8 Max」は4360mAhの大型バッテリーを搭載しており、通常使用で2.23日、ヘビーユースで1.4日持つと謳っています。

Huawei

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント:4件

    • 縦は187.2mmではなく182.7mmです。

      • ご指摘ありがとうございます。直ちに訂正さしていただきます。

    • Mate 7とMediaPad X1を購入してからHuaweiファンに。
      今回のP8maxは最高に気に入りました。P8と共に購入します!

    • 8 Max欲しいけど対応バンドが痛いですね……。

    Geekles(ギークルズ)をフォロー

    Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。