ドコモ、シャープ製ミドルレンジスマホ「AQUOS EVER SH-04G」発表 ツートップからの買い替え候補にちょうどいい

AQUOS EVER SH-04G
ドコモは5月13日、2015年夏モデルとしてシャープ製スマートフォン「AQUOS EVER SH-04G」を発表しました。6月中旬発売予定です。

最新機種ならではのパワフルなCPUや高精細のディスプレイ、高画質なカメラなど華やかな端末が並ぶ中で、この機種はミドルレンジクラスです。

「AQUOS EVER SH-04G」の主なスペック

OSAndroid 5.0
CPUQualcomm Snapdragon 400 1.2GHzクアッドコア
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5インチ、解像度:1280×720
カメラアウトカメラ:1310万画素、インカメラ:210万画素
バッテリー容量2450mAh
サイズ・重量約133x71x9.7mm、139g
カラーゴールド / ピンク / ブラック / ホワイト
その他防水(IPX5/7) / 赤外線 / VoLTE

SIMフリースマートフォンとしてお馴染みのZenFone 5のようなスペックです。
必要以上にスペックを追求せず、必要十分で「ちょうどいい」内容に仕上げられています。

スペックは控えめですが、赤外線通信や防水、おサイフケータイ(FeliCa)といった日本メーカーならではの機能はしっかり搭載しています。シャープ独自の狭額縁デザイン「EDGEST」も相まって、いわゆる格安スマホとは一線を画す端末です。

VoLTE対応もPREMIUM 4Gには非対応

高音質通話のVoLTEにはしっかり対応しています。
しかしキャリアアグリゲーションを用いた下り最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」は非対応です。

ターゲットはツートップ戦略からの買い替え組か

docomo ツートップ戦略
今からちょうど2年前、2013年の夏モデルは「ツートップ戦略」が話題となりました。
ドコモがイチオシ機種として「GALAXY S4 SC-04E」と「Xperia A SO-04E」を挙げ、価格も手頃にして大々的に販売した年です。

この2機種は非常によく売れ、現在もユーザーが多数居ることが予想されます。ここからちょうど2年経った今年の夏モデルは、2機種からの買い替えタイミングです。

サムスンは夏モデルとしてフラグシップの「Galaxy S6 edge SC-04G」と「Galaxy S6 SC-05G」を発売し、ソニーもフラグシップの「Xperia Z4 SO-03G」とコンパクトモデルの「Xperia A4 SO-04G」を発表しています。
しかし、これらは高性能で魅力的ですが、当時のツートップ戦略の頃よりも値の張る製品です。

GalaxyやXperiaのファンになったユーザーの買い替え先としてはベストな選択肢ですが「気に入ったのは値段だ」という方々にとっては選びにくいものではないでしょうか。

そこで手頃な価格の選択肢になるのが「AQUOS EVER SH-04G」です。格安とまではいかないものの、かなり手頃な価格で販売されることが予想されます。

ツートップからの買い替えだけでなく、ガラケーからの乗り換えやスマホデビューなどにも”ちょうどいい”この端末は重宝されるのではないでしょうか。

ドコモ

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。