通信速度が速いと評判のau系MVNO「UQ mobile」を試してみる

wpid-img_20150627_033611

様々な格安SIMが出回っている中でも、通信速度が速いと評判のau系MVNO「UQ mobile」を契約してみました。

UQ mobileとは

share

UQ mobileは「KDDIバリューイネイブラー・沖縄バリューイネイブラー」というKDDIの子会社が提供しているMVNOで、「mineo」に続き2番目となるau系のMVNOです。KDDIと沖縄セルラーのように、本土と沖縄で会社が独立しています。

料金プラン

データ高速プランデータ高速プラン+
音声通話プラン
月額料金980円1,680円
通信容量・速度・月間データ容量3GB
・受信最大150Mbps
・3GBを超えた場合は送受信最大200kbps
・3日間で1GBを超えた場合は通信速度を制限される場合がある。
最低利用期間なし12ヶ月
契約解除料9,500円
データ無制限プランデータ無制限プラン+
音声通話プラン
月額料金1,980円2,680円
通信容量・速度・月間データ容量無制限
・通信最大500Kbps
・3日間で1GBを超えた場合は通信速度を制限される場合がある。
最低利用期間なし12ヶ月
契約解除料9,500円

料金プランは全部で2種類あり、最大3GBまで高速通信が使える「データ高速プラン」と、通信最大500Kbpsで月間通信量が無制限な「データ無制限プラン」から選べます。データプランに音声通話を付けると+1,000円掛かります。

音声プランにすると12ヶ月の縛りが付き、契約期間内に解約すると9,500円が発生してしまうため注意が必要です。データプランであれば縛りが付いていないので、ちょっと試してみたいという方にはデータプランをおすすめします。

au系MVNOを利用するメリットとデメリット

メリット:SMS、テザリング機能を無料で使える

料金プラン・サービス   格安スマホ・格安SIMのUQ mobile

au系のMVNOを選んだのは「SMS、テザリング機能を無料で使える」というメリットがあるたからです。ドコモ系のMVNOではSMSが有料オプションで用意されており、120円~150円程度の追加料金が発生してしまいます。

また、ドコモの白ロムを購入して利用するときにテザリング機能を有効にすると、ドコモ側の仕様で強制的にAPNが切り替えられてしまうため利用できません。ゴニョゴニョすれば行けるという情報もありますが、改造行為となるため故障した場合などにサポートが受けられなります。

デメリット:iOS8以降のiPhoneとVoLTE対応端末では使えない

名称未設定-1

現在au系のMVNOでは、iOS8以降のiPhoneとVoLTE対応端末では使えません。利用するにはau 4G LTEに対応したAndroid端末を用意しなければなりません。

最初からiOS8のiPhone 6、iPhone 6 Plusをはじめ、今後発売されるVoLTE対応端末すべて利用不可になるので、選択肢がドコモと比べて少ないです。私はVoLTE対応のisai VLをメインで利用していましたが、これを機にSHL25の白ロムを購入しました。

実際に試してみても「SIMネットワークサブセットロックされています」と表示され、モバイルネットワークの項目が選べないようになっていました。

実際に通信速度を測ってみる

プランの概要が分かったところで、実際に速度を測ってみましょう。測定環境は以下の通りです。

測定条件
測定場所沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯8時~9時、12時~13時、19時~20時
測定方法Speedtest.netで3回測定。平均値を値とする。

午前中(8時~9時)

wpid-jointpics_20150626_205429

1回目2回目3回目
ping74ms68ms72ms
下り13.52Mbps8.21Mbps10.75Mbps
上り7.47Mbps6.56Mbps6.97Mbps

お昼(12時~13時)

wpid-jointpics_20150626_205534

1回目2回目3回目
ping72ms77ms71ms
下り9.07Mbps20.55Mbps26.10Mbps
上り5.80Mbps6.48Mbps5.73Mbps

夜(19時~20時)

wpid-jointpics_20150626_205347

1回目2回目3回目
ping97ms130ms68ms
下り16.65Mbps27.24Mbps23.07Mbps
上り4.02Mbps4.78Mbps8.71Mbps

どの時間帯でも約10Mbps弱~20Mbps程度の速度が出ていて、私の行動範囲内では3キャリア並の速度が出ていました。これくらいの速度が出ていれば動画視聴などもHD画質で停止せずに見れます。

まとめ

UQ mobileは速度が速くて混雑時にも強いので、対応端末を持っていれば有力な選択肢になると思います。

これから利用者が急増すれば速度が低下していく可能性もありますが、現状では1番速度が安定している格安SIMと言っても過言では無いと思います。UQ mobileはIIJやDMM mobileと比べて利用者が少ないため、回線が空いているのかもしれません。

今まで「格安SIMは値段が安いから速度が落ちても仕方ない」と思っていた方、まずは1ヶ月試してみてはいかがでしょうか。

UQ mobile

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。