4インチでLTEに対応したコンパクトなSIMフリースマホ「FLEAZ POP」は15,200円

FLEAZ POP (4)
コヴィアは自社スマートフォンブランド「FLEAZ」シリーズ初のLTEに対応した「FLEAZ POP」を発表しました。発売日は9月上旬を予定しています。

「FLEAZ POP」の主なスペック

OSAndroid 5.1
CPUQualcomm Snapdragon 1.2GHzクアッドコア
RAM1GB
ROM(内部ストレージ)8GB
ディスプレイ4インチ、解像度:800×480
カメラアウトカメラ:500万画素、インカメラ:30万画素
バッテリー容量1500mAh
サイズ・重量124×62.5×10.2mm、115g

コンパクトな端末はLTE非対応のものが多い中、FLEAZ POPは貴重な選択肢になるでしょう。
CPUにはQualcomm製1.2GHzクアッドコアを採用とありますが、おそらくSnapdragon 400が搭載されているものと思われます。

RAMは1GBと控えめですが、パワーユーザーでなければそれなりに快適に使えます。
ディスプレイは800×480のWVGAですが、4インチと小さいためピクセル密度は233ppiです。

115gと軽く、小さいためサブ機として持つのも良さそうです。
LTEに対応したことでモバイルWi-Fiルーターのような運用も可能ではないでしょうか。

APNを簡単に設定できる

FLEAZ POP (3)
FLEAZ POPではAPN設定に独自のアプリを採用しています。
Android標準のものよりわかりやすく、格安スマホ初心者でも簡単に設定できる工夫がされています。

Qualcomm Quick Charge 2.0に対応

Qualcomm Quick Charge 2 ロゴ
FLEAZ POPはQualcomm Quick Charge 2.0(ドコモでは急速充電2と呼称)に対応しています。
専用の充電器が必要となりますが、最大出力9V/1.8Aで素早く充電を行えます。

※FLEAZ POP付属の充電器はQualcomm Quick Charge 2.0に対応していません。

販売価格は15,200円

FLEAZ POP (2)
LTEに対応したスマートフォンとしては非常に安価な15,200円で販売されます。

メインの1台としては頼りないスペックですが、安価で小さいことが特徴です。
工夫すれば面白い使い方ができるかもしれません。

FLEAZ POP

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。