サムスン、4GBRAM搭載したハイエンドファブレット「Galaxy Note5」「Galaxy S6 edge+」を発表 -8月21日より米国で発売開始

Galaxy S6 edge+_Note5
サムスンは、4GBRAMを搭載したハイエンドファブレット「Galaxy Note5」と「Galaxy S6 edge+」を発表しました。8月21日より米国から順次発売開始予定となっています。

「Galaxy Note5」と「Galaxy S6 edge+」のスペック

OSAndroid 5.1 Lollipop
CPUOcta core (2.1GHz Quad + 1.5GHz Quad), 64 bit, 14nmプロセッサー
RAM4GB LPDDR4
ROM(内部ストレージ)32/64GB
ディスプレイ5.7インチ 解像度:2560 x 1440 (518ppi) SuperAMOLED
カメラアウトカメラ:1600万画素 OIS、インカメラ:500万画素
バッテリー容量3000mAh
Galaxy Note5のサイズ・重量153.2 x 76.1 x 7.6mm、171g
Galaxy S6 edge+のサイズ・重量154.4 x 75.8 x 6.9mm、153g
カラーBlack-Sapphire、Gold-Platinum、Silver-Titanium、White-Pearl
その他ワイヤレス充電(WPC/PMA)、LTE Cat.9

「Galaxy Note5」の公式動画


「Galaxy S6 edge+」の公式動画


「Galaxy S6 edge+」と「Galaxy Note5」の特徴

Galaxy S6 edge+はフロントエッジディスプレイを搭載

Galaxy S6 edge+
Galaxy S6 edgeのデザインをそのまま継承し、両サイドエッジデザインを採用したディスプレイを搭載しています。

Galaxy S6 edge+/Note5用の純正キーボードケースも発表

Galaxy S6 edge+
別売の物理キーボードケースをを付けることで、まるでBlackberryの端末の様に物理キーボード搭載機種に早変わりします。写真を見た限り、ケースを装着すると画面の縮尺が変わり、文字入力においてかなり快適になるものと思われます。

Galaxy Note5は背面パネルにエッジデザインを採用

Galaxy Note5
Galaxy Note5は背面のガラスにエッジデザインを採用しており、5.7インチと大画面のディスプレイを搭載していながらも、持ちやすくなっていると思われます。

ワイヤレス充電でも2時間で満充電に

Galaxy Note5
急速充電機能が強化されており、ケーブル使用時では90分、ワイヤレス充電時は120分で満充電できるようになっています。

Samsung

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。