Huawei、IFA2015にてAndroid Ware搭載「Huawei Watch」を発表 -日本でも発売予定

Huawei Watch
Huaweiは9月2日、ベルリンで開催中のIFA2015にてAndroid Wareを搭載した「Huawei Watch」を発表しました。

Huawei Watchのスペック

Huawei Watch

OSAndroid Ware
CPUSnapdragon 400 MSM8092 1.2GHz
RAM512MB
ROM(内部ストレージ)4GB
ディスプレイ1.4-inch full circle AMOLED、解像度:400×400, 286 ppi、サファイアクリスタル
バッテリー容量300mAh
サイズ・重量直径42mm、 厚さ11.3mm
カラーSilver, Black, Gold
対応OSAndroid 4.3+ / iOS 8.2+
その他心拍計、6軸モーションセンサー、気圧計、振動センサー

価格

Price
全部で4モデル用意され、価格の安いものから順番にClassic-leather、Classic-mesh、Active、Elite。

一番安いClassic-leatherが399ユーロ(約54,000円)、一番高いEliteが699ユーロ(約95,000円)となっています。

日本国内に投入決定

Huawei公式Twitterが投稿した販売予定地域の画像に「Japan」の文字があるので、日本国内への投入が決定しています。

Huawei

こちらもおすすめ

あわせて読みたい

いま、注目の記事

Geeklesの最新記事

やほお
執筆:やほお
HUAWEI Mate S使いの西木野真姫ちゃん推しです。

Geekles(ギークルズ)をフォロー

Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。