iPhone 6sの画面が割れる前に考えよう! iPhoneのディスプレイ破損に備えるアレコレ

screen broken

9月25日、ついにiPhone 6s / 6s Plusが発売されました。
iPhone 6sシリーズはiPhone 6シリーズと同じく4.7インチディスプレイ搭載モデルと、5.5インチディスプレイ搭載のPlusモデルの2種類が提供されています。

iPhone 6発売の際は前のモデルの5sと比較して大きくなったので、手に持った時のホールド感が悪くなった=落としやすそう、という意見も多く聞かれました。
実際に、iPhone5sまでのモデルと比較してディスプレイを破損する方が増えたようです。今回も、到着したばかりのiPhone 6sを早速落としてしまい、ディスプレイが割れてしまった!とのツイートも流れています。

ここではiPhoneの損傷としては最も多いと思われるディスプレイ損傷を例に、落下に対する対策を考えてみたいと思います。

ディスプレイ修理代金はいくらなの?

iphone6 screen broken

まず、実際にディスプレイが割れるなどフロントパネルを破損した場合、修理代金がいくらになるのか確認してみたいと思います。

こちらは今回発売されたiPhone 6sシリーズから値上げされており、iPhone 6では12,800円だったのがiPhone 6sでは14,800円、iPhone 6 Plusでは14,800円だったのがiPhone 6s plusでは16,800円と2,000円づつの値上げとなりました。

3D touchに対応したディスプレイの搭載により修理代金も上がったのか、為替レートの換算金額を変更したのでしょうか。

対策1、「AppleCare+」

AppleCare+

サービスの内容

最初に紹介するのが「落とす前の安心、AppleCare+」です。これは購入時に自動的についてくるサポートサービス、AppleCareのサポート期間を通常の1年から2年へと延長するサービスです。
また、それだけではなく落下や水没による損傷の場合でも通常よりもお安く修理してもらうことが可能です。

修理期間も、手元にiPhoneが無い!という事がないようにエクスプレス交換サービスを利用できます。これを使えば自宅に居ながらにして交換品が届きますので、あとはSIMカードを移してバックアップから復元するだけでiPhoneを復旧する事が可能になっています。壊れたiPhoneは交換してからAppleへ返送するだけですので、Apple Storeや家電量販店などに行く必要もなく簡単です。

キャリアから購入した場合は、キャリア独自の補償サービスもありますので、そちらも確認するといいでしょう。

気になる掛け金は?

AppleCare+の加入料金ですが、実はこちらも今回、値上げされています。

iPhone 6シリーズは13,824円(税込)で加入できましたが、iPhone 6sシリーズからは2,000円値上げされた15,984円(税込)になりました。この加入料金についてはiPhone 6sもiPhone 6s Plusも共通となっています。

AppleCare+に加入している場合の修理代金

修理事例として最も多いと思われるディスプレイ損傷についてはAppleCare+に加入している場合、2年間で2回まで割引価格で修理してもらうことが可能です。

しかし、こちらの料金もiPhone 6では1回あたり7,800円(税込)の負担で良かったのが、iPhone 6sやiPhone 6s Plusでは1回あたり11,800円(税込)と4,000円も値上がりしてしまいました。

お得なのか!?

このように加入料金も修理代金もiPhone 6シリーズと比較して大きく値上げされてしまったため、2年間で2回のディスプレイ修理を行った場合でもiPhone 6sとiPhone 6s Plusのどちらにおいても割高となってしまうようです。
ですので、「ディスプレイ交換だけでは掛け金の元は取れない」という事になります。

ただし、ディスプレイ交換だけではなく水没させた!など、本体交換が必要な場合などは加入していた場合のほうが圧倒的に自己負担額が低くなります。
自身の経験と使用用途や場所などを考え、加入を検討しましょう。

加入方法は購入時に申し込むか、購入から30日以内にAppleコールセンター「0120-993-993」に電話して申し込む必要があります。

対策2、「ストラップを装着する」

次に検討したいのがストラップの装着です。こちらについては「ファッション性を損なう!」という意見もありますが、ネットの記事などを見ていますと、落としてディスプレイがひび割れだらけになったり、車に轢かれて無残な姿になった経験を持つ方ほど「次からはケースに入れて使います」「ストラップを装着します」という意見も多いようです。

では、ストラップホールの無いiPhone 6sシリーズにどうやってストラップを装着するか、その方法を検討してみましょう。

ストラップホール付きケースを使う

case 1

一番簡単なのが、ストラップホールのついたケースを利用する方法です。また、ケースだけではなくストラップホールのついたバンパーも発売されています。

ケースについては「手帳型」「シリコンやTPU素材などのソフトケース」「ポリカーボネート素材などのハードケース」にストラップホールを備えたものがあります。
ストラップホールの位置も背面下部中央や側面下部左右など種類がありますので、自分にとってホールドしやすい位置にストラップホールがついているケースという点から選んでみるのも良いかもしれません。

バンパーではその構造上、側面下部左右にもうけられているケースが多いようです。

イヤホンジャックを利用する

pluggy lock

こちらはイヤホンジャックを利用してストラップホール取り付け金具を固定する方法です。製品としてはKickstarter発の「PLUGGY LOCK」がその商品です。以前は個人輸入するしか手に入れる方法がありませんでしたが、今では大手家電量販店でも販売されています。

音楽を聞くためのイヤホンやヘッドホンはBluetoothでワイヤレス接続しているからイヤホンジャックは使わない、電話もヘッドセットなどでハンズフリーで行っているという方には良い方法かもしれません。イヤホンジャックの周りをカバーしないものであればケースも併用可能です。

貼り付け式のストラップを利用する

petit loop

これはストラップホールを設けるのではなく、ストラップ自体が工夫された製品を利用する方法です。これもKickstarter発の「Petite Loop」という製品になります。こちらはまだ個人輸入するしか手に入れる方法がありませんが、Petite Loopのオンラインストアから申し込むとカナダから世界中に郵送してくれますので日本の自宅に送ってもらうのもそれほど難しくはありません。

また、取り付けの仕組みも簡単です。ループ状になったストラップの先端の部分に両面テープが貼ってあり、これをiPhoneなどの本体背面に貼り付け、それをケースで挟みこむことで固定します。
ですので、ケースと共に使用する事になりますが、ストラップホールのないケースも使えますので例えばApple純正カバーなどと一緒に使うことも可能です。

固定用ネジ穴を利用する(要注意)

netsuke iphone6

ストラップを装着する方法、その最後はLightningコネクタの両サイドにある2つのネジ穴を利用する方法です。この2つのネジはフロントパネル固定用に使用されており、これを外すと保証が切れてしまうリスクがあります。ですが、他の方法と比べてストラップホールのついた金具を物理的に固定しますので、最もしっかりと固定でき、多くのストラップを装着できる方法です。

ただし、原則的に製品保証が切れてしまうことと、「Lightning – 30ピンアダプタ」のような大きなLightningコネクタを挿す場合の障害になる可能性がありますので注意が必要です。

対策3、「損害保険を利用する」

insurance
iPhoneやガジェットという範疇からちょっと外れてしまいますが、一般の損害保険を検討してみる方法もあります。こちらは保険会社各社で名称は異なりますが、主には「携行品保険」といわれる商品です。
掛け金としては保険期間分の代金を一括で支払うか、月々支払うかの2通りの方法を選択できるケースが多いようです。補償内容としては「携行品=持ち物 の損傷を補償します」という内容です。

補償金額内であれば自己負担額を引いた修理代金が支払われます。ですのでノートパソコンを落としてディスプレイが割れた、壊れた、という場合などに修理代金が補償されます。

ただし、補償範囲や内容、金額については保険会社各社で異なりますので事前に確認しておく必要があります。
保険契約期間で利用しなかった場合は運用益を上乗せして払戻金を受け取る積立型などもありますので低金利の銀行預金などに預けているのであれば、こちらの方がお得になるケースもあるようです。

【日本正規代理店品】Pluggy Lock イヤホンジャック装着ストラップホール Pluggy Lock + ストラップ付 ブラック PL-FASHION BLACK + W

¥ 2,1382016/7/14 02:40

iPhone6 6Plus ストラップホール 取付けキット (ドライバー+ネジ付属)携帯 ストラップ 装着 金具 Dock アクセサリー

¥ 1,4802016/7/14 02:40

iSmart
phix
AppleCare+
PLUGGY LOCK
Petite Loop
poddities
東京海上日動

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。