Nexus 6Pに関するほとんど全ての情報がリークされる

nexus 6p spec

既にお伝えしたとおり(過去記事)、サンフランシスコにおいて9月29日午前9時(日本時間9月30日午前1時)から開催されるGoogleのイベントでお披露目されると思われるNexusの新しいフラッグシップスマホ「Nexus 6P」について、新しい情報がリークされました。

前回の記事執筆時には不明だったバッテリー容量や、本体重量、カラーバリエーションについても明らかになった他、各パーツの素材など、より詳しい情報が入ってきていますので早速確認してみたいと思います。

新しい情報の確認

今回新たに判明した情報ですが、前回は不明だったバッテリー容量、本体重量、カラーバリエーションに加え、本体とディスプレイ周りの素材、ディスプレイ、スピーカー、カメラ、指紋認証センサーに関する詳細情報となっています。

バッテリー容量

駆動時間に直結するバッテリー容量は3450mAhと、Nexus 6の3220mAhから増量されました。iPhoneがiPhone 6からiPhone 6sでバッテリー容量を減らしただけに、うれしい情報です。
もっとも、バッテリー容量だけで駆動時間が決まるわけではありませんが、Nexus 6よりも短くなるということはないでしょう。

本体重量

本体重量は178gと、こちらもNexus 6の184gと比較して6g軽量化されました。
偶然でしょうが、この点についてもiPhoneはiPhone 6からiPhone 6sで重量が増えただけに違いを感じやすいポイントですね。

カラーバリエーション

nexus 6p color
カラーバリエーションについてはシルバーとブラックの存在が確認されていましたが、どうやらその他にもホワイト系の「フロスト」と「ゴールド」が用意されるようです。
名称についてもシルバーについては「アルミニウム」、ブラック系のカラーについては「グラファイト」を名乗るようです。

そしてなんと、新色の一つである「ゴールド」については日本市場限定品になるようです!と、いうことは日本で発売されるのは確定ということですよね。

本体とディスプレイ周りの素材

nexus 6p body
アップデートされた情報としては素材に関する新しい情報があります。
本体については筐体に金属を採用し、質感を大きく向上させました。カラーバリエーションのひとつである「アルミニウム」から考えると、金属素材の正体はアルミニウムでしょうか。

フロントパネルにはコーニング製の最新強化ガラス「ゴリラガラス4」を搭載し、衝撃にも強くなっています。

ディスプレイ

nexus 6p screen
ディスプレイは有機LEDディスプレイ「AMOLED display」を搭載してきました。自発光式の有機LEDパネルの搭載により動きの速い動画やゲーム画面においてより美しい映像を提供してくれるでしょう。

スピーカー

スピーカーもフロントパネルに2つのスピーカーを搭載するようです。これにより当然、音質の向上が期待できますね。

カメラ

nexus 6p camera
カメラについても画素数アップ以外の改良があるようです。流出した資料では

「あなたの撮影している写真の80%は光量不足です」

と書かれていますが、これはレンズ性能のことをいっているようです。Nexus 6PではアウトカメラのレンズにF値2.0のものを採用しているとのこと。これは暗いところでの撮影や、よりクリアな描写という点に効いてきそうです。

指紋認証センサー

nexus 6p sensor
指紋認証センサーについては背面中央付近に搭載されるようです。確かに大きめの本体で片手操作するなら正面に搭載するより背面の方が使い勝手が良いかもしれないですね。

スペック予想

最後にまとめてアップデートされた情報を確認してみたいと思います。
赤字の部分が、今回アップデートされた情報です。

OSAndroid 6.0
CPUQualcomm Snapdragon 810 バージョン2.1
RAM3GB
ROM(内部ストレージ)32/64/128GB
ディスプレイ5.7インチ、解像度:2560×1440、 AMOLEDディスプレイ搭載、518ppi
カメラアウトカメラ:1200万画素 F値2.0レンズ搭載、インカメラ:800万画素
バッテリー容量3450mAh
サイズ・重量159.4×78.3×6.6-8.5 mm、178g
カラーアルミニウム/グラファイト/フロスト/ゴールド(日本市場限定品)
その他指紋認証センサー(背面)、USB Type-C 高速充電対応

DROIDLIFE
reddit

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。