Microsoft、液体式冷却を採用したフラッグシップスマートフォン「Lumia 950 / 950 XL」を発表 -11月発売予定

Lumia 950

Microsoftは10月6日、液体式冷却を採用したフラッグシップスマートフォン「Lumia 950」「Lumia 950 XL」を発表しました。米国で11月に発売予定で、価格はLumia950が549ドル(約66,000円)、Lumia 950 Xlが649ドル(約78,000円)になります。

Lumia 950とLumia 950 XLのスペック

Lumia 950 XL
画像はLumia 950 XL

機種名Lumia 950Lumia 950 XL
OSWindows 10 Mobile
CPUSnapdragon 808 Hexa-core 1.8GHzSnapdragon 810 Octa-core 2.0GHz
RAM3GB
ROM(内部ストレージ)32GB
ディスプレイ5.2インチ、解像度:2.560×1,440 WQHD AMOLED5.7インチ、解像度:2.560×1,440 WQHD AMOLED
カメラアウトカメラ:2000万画素、インカメラ:500万画素
バッテリー容量3000mAh3340mAh
サイズ・重量73.2×145×8.2mm 150g78.4×151.9×8.1mm 165g
カラーブラック、ホワイト
LTE対応BandFDD-LTE:Band 1 (2100 MHz), 2 (1900 MHz), 3 (1800 MHz),4 (1700/2100 MHz),5 (850MHz),7 (2600 MHz),8 (900MHz),12 (700 MHz),20 (800MHz),28 (700 MHz)
TD-LTE:Band 38 (2570-2620 MHz),40 (2300-2400 MHz)
その他USB-C、MicroSDXC(最大200GB)

両機種ともにSoCにはSnapdragon808,810と最新のものを採用している他、RAM3GBを搭載するなど、フラッグシップスマートフォンとしてふさわしいスペックになっています。Galaxy S6など他社のフラッグシップ端末から外される傾向にあったMicroSDスロットが搭載されており、ストレージの心配もありません。

ただ、カラーバリエーションがブラック、ホワイトの2色となっており、これまでのLumiaシリーズに特徴的であったオレンジやグリーンといったポップなカラーは今回採用されませんでした。

Microsoft Display DockでデスクトップPCライクな使い方も!

Microsoft Display Dock
LumiaをMicrosoft Display Dockを経由してディスプレイと接続し、マウスとキーボードを使用することで、デスクトップPCライクな使用をすることができます。

x86用のアプリケーションは動作しませんが、ユニーバーサルWindowsプラットフォームに対応したアプリであれば、PCと同じようなUIで操作することが出来るので、対応アプリが増えてくると使い方の幅も広がりそうですね。

Microsoft

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。