沖縄発の格安SIM「LEQUIOS mobile (レキオスモバイル)」レビュー  

flex-main-01

株式会社レキオスは、ドコモ回線を利用したMVNOサービス「LEQUIOS mobile」を2015年10月1日よりスタートしました。Geekles沖縄代表として人柱として5日間利用してみました。

LEQUIOS mobile (レキオスモバイル)とは

レキオスモバイルは株式会社レキオスが提供するドコモ系MVNOです。元々は沖縄で光ブロードバンドサービス「レキオスBB」を展開する会社でしたが、携帯電話からスマートフォンの急速な普及に伴ってMVNO事業をスタートしました。地元沖縄に根付くMVNO事業者として他社提供開始から3年で10~12万契約を目指しています。

沖縄ではテレビCMを放送して一般層への普及を進めており、他社のMVNOよりも認知度は高いかもしれません。

沖縄に実店舗を設置し各種サポートを行う

IMG_20151004_154716

サービス開始に合わせて沖縄県那覇市おもろまちに「レキオスモバイル1号店」をオープンし、料金プラン診断や取扱対応機種の展示、各種手続きなどを行えます。

IMG_20151004_155235

オープンしてから数日後に行ってみましたが、地元企業からたくさんのお祝いの花が飾られていました。客層は20~30代だけではなく、40~50代のお客さんなども居ました。

大手キャリアと比べてサポートの質は変わることはなく、店頭スタッフの人が格安SIMや格安スマホの魅力について丁寧に案内してくれました。これなら疑問や不安がある方でも安心して乗り換えられそうです。

IMG_20151004_171536

手続きは1時間程度で完了してSIMカードを受け取りました。パッケージは沖縄らしく首里城の守礼門とシーサーのイラストが描かれています。

利用者のニーズに合わせて豊富なプランを用意

料金プランは大きく分けて2種類あり、「LTE 5STEPプラン」は1GB~5GBまでの5段階の定額制プラン、「LTE 定額プラン」は1GB・3GB・5GB・使い放題と容量別にプランが分かれています。

LTE 5STEPプラン

通話プラスデータ通信専用
1GB利用時1,026円486円
2GB利用時1,404円864円
3GB利用時1,782円1,242円
4GB利用時2,160円1,620円
5GB利用時2,538円1,998円
※価格は全て税込表示

「LTE 5STEPプラン」は1GB~5GBまでの5段階の定額制プランで、月間通信量が5GBを超えると通信速度が200Kbpsに制限されます。データ通信専用であれば1GB 486円と業界最安値となっています(執筆当時)。 500円以下で高速通信のLTEが使えるなんていい時代になりましたね。

通信量に応じて料金が発生するので、月によって使用量にバラつきのある方やプランに迷う方はこちらをおすすめします。

LTE 定額プラン

通話プラスデータ通信専用
1GB1,393円853円
3GB1,706円1,166円
5GB2,138円1,598円
使い放題3,218円3,110円
※価格は全て税込表示

LTE 定額プランでは容量別にプランが分かれ、使い放題プランでは月間通信量が無制限で利用できます。無制限や使い放題という言葉に弱い私はこのプランを選択しました。

データプランにも6ヶ月間の縛りあり

注意点として、レキオスモバイルはデータプランにも6ヶ月間の最低利用期間が設定されています。期間内に解約・MNPすると解約事務手数料10,584円が発生します。データ回線では最低利用期間や解約金を設定していない所も多いため、ここがネックになってきそうです。

支払い方法はクレジットカードと口座振替

支払い方法はクレジットカード(デビットカード不可)と口座振替が用意されておりました。大手キャリアとは違って格安SIMではクレジットカードのみ受付のところも多く、私のようにクレジットカードを持っていない人でも口座振替で申し込めるのは嬉しいです。

速度測定をしてみた

格安SIMの使い放題プランというと気になるのは速度ではないでしょうか。そこで土日と平日に以下の条件で通信速度を測定してみました。

測定場所沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯休日16時~17時台、平日7時~8時台、12時~13時、18時~19時
測定機種docomo ARROWS V F-04E
測定方法Speedtest.netで3回測定。平均値を値とする。

契約当日 夕方(16時~17時台)

夕方

ping下り上り
1回目97ms0.46Mbps1.45Mbps
2回目78ms0.78Mbps1.90Mbps
3回目92ms0.83Mbps3.74Mbps

この日は下りが1Mbpsを超えることはありませんでした。時間帯や場所、測定するアプリを変えても結果は変わらず、予想していたよりも速度が出ていませんでした。まだユーザー数も少ない状態で速度が出てくれないと今後が心配です。

この速度ではYouTubeをHD画質で再生すると何度も止まってしまったので、480pにすれば安定して視聴できました。

契約翌日 朝(7時~8時台)

朝

ping下り上り
1回目96ms1.46Mbps2.51Mbps
2回目72ms0.64Mbps2.42Mbps
3回目79ms0.97Mbps1.70Mbps

翌朝に改めて測定してみると、数回1.5Mbps程度の速度が出るようになりました。それでも速度は安定せずに0.6Mbps~1Mbpsまでをウロウロしています。

契約翌日 お昼(12時~13時)

昼

ping下り上り
1回目91ms3.39Mbps2.56Mbps
2回目81ms2.86Mbps2.44Mbps
3回目85ms4.76Mbps2.08Mbps

1日の中で混雑するお昼に測定すると、下りが3Mbpsを超えていました。ほとんど期待してなかっただけに嬉しい誤算です。

たまに1Mbps程度に落ちる時もありましたが、この時間帯に1番安定して速度が出ているのは驚きました。他社でも1Mbpsを下回ることが多いので健闘しているのではないでしょうか。

契約翌日 夜(18時~19時)

夜

ping下り上り
1回目82ms1.42Mbps3.20Mbps
2回目79ms4.59Mbps2.64Mbps
3回目77ms2.29Mbps3.57Mbps

仕事終わりに帰路でスピードテスト。速度にバラつきがあるものの、5Mbps弱出ている時も数回あったので通常使用で問題ない速度が出ていました。

3日当たりの速度制限はあるのか

レキオスモバイルの規約では3日間当たり5GBを超えると混雑状況に応じて制限するみたいですが、店員さんの話によれば今のところ制限を掛けていないとのことでした。

そこで、3日間ずっと動画視聴や大容量のファイルダウンロードを繰り返して実際に制限が掛かるのか試してみました。

CQpEkASUYAAalO5

結果としては今のところ特に制限が掛かった様子はなく問題なく使えました。元々そこまで速度が安定していないのもあり、制限が掛かっているか見分けが付きにくいのは問題ですが…。

まとめ:まだまだ理想には遠くオススメはできない

現状では無制限プランとして活用できるギリギリの速度です。動画視聴や大容量のデータをダウンロードする目的で契約したので、欲を言えば初期のぷららモバイルLTE程度の速度が出てくれると嬉しいです。今のところSIM1枚のみで運用することはオススメできません。

今後ユーザー数が増えてきた際に、どれだけ持ちこたえられるか引き続き検証していきたいと思います。

LEQUIOS mobile (レキオスモバイル)

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。