磁力で取り外し可能にするUSBコネクタ「ZAPTIP」にUSB-Cタイプが登場

ZAPTIP-C 1

Micro-USBやLightning端子を磁力で取り外し可能にするZAPTIP(過去記事)はIndiegogoにて目標額に対して2,358%の出資を集める人気となりましたが、新たにUSB-C端子対応品のキャンペーンが始まりました。

こちらも既にキャンペーン公開から4日間で目標額を達成しています。

ZAPTIP

ZAPTIP-C 2

オリジナルのZAPTIPは現在のところ、数週間以内にはEarl Birdsなどに向けて出荷予定とアナウンスされています。初回発送は2015年11月を予定してたので、現在のところ開発は順調に進んでいるようです。

ZAPTIP USB-C

ZAPTIP-C 5

今回登場したのはZNAPSと比較して大きかったコネクター部を小さくするなどの改良を行ったZAPTIP 2.0をベースに、機器側の端子であるZAPアダプタをUSB-Cタイプにしたものです。

ZAPTIPへの出資者からはFacebookのページなどにて「何故、ZAPTIPの追加コネクターとして販売せず別のキャンペーンにしたのか!?オリジナルのオプションパックとしてアダプタ単体だけ発売すれば良いじゃないか!」と批判も浴びています。

ZAPTIP 2.0での改良点

ZAPTIP 2.0

今回はUSB-C端子対応アダプタのラインナップ追加の他にも以下のような改良が施されています。

ZAPTIP 2.0での改良点

  • Micro-USBとLightningケーブル用の変換アダプタプラグを用意
  • ZAPTIPコネクターの小型化
  • ケーブルをブレードで補強されたものに変更し、強度をアップ

変換アダプタやコネクターの小型化についてはZNAPSのコンセプト(過去記事)をかなり取り入れた改良を行っているようです。

価格

現在提供されているラインナップは以下のとおりです。

The Starter PackThe Extension PackThe Family PackThe Wholesaler Pack
キャンペーン価格25ドル45ドル162ドル500ドル
市販予定価格38ドル64ドル300ドル
アダプタ2個4個16個60個
ケーブル1個2個8個30個

今後の予定

ZAPTIP-C 4

2015年11月3日の時点にて目標額である8,000ドルに対して10,049ドル、日本円で120万円超の出資金を集めています。
ストレッチゴールとして10,000ドルを超えた場合はブラック、ゴールド、ローズゴールドのカラーバリエーション追加が予定されていましたが既にその目標も達成しました。

USB-C端子自体も最近登場したLumiaシリーズや新型Nexusなど採用例が増えています(過去記事)。

まずはオリジナルのZAPTIPの発送状況を確認しながら、そちらが順調に進むようであればこちらへの出資を検討するのが良いのではないかと思われます。

ZAPTIP USB-C in Indiegogo
ZAPTIP in Indiegogo
ZNAPS in Kickstarter
ZAPTIP Facebook site

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。