ヤマダ電機、Windows 10 Mobile搭載スマホ国内最速となる「EveryPhone」発表 -11月28日発売予定

EveryPhone

ヤマダ電機は、Windows 10 Mobileを搭載した「EveryPhone」を発表しました。
11月28日より販売開始予定で、日本国内で一番最初にWindows 10 Mobileをプリインストールして販売されるスマートフォンになります。

EveryPhoneのスペック

OSWindows 10 Mobile
CPUSnapdragon 410 1.2GHz
RAM2GB LPDDR3
ROM(内部ストレージ)32GB
ディスプレイ5.5インチ、解像度:1280×720
カメラアウトカメラ:1300 万画素,Dual-Flash、インカメラ:500万画素
バッテリー容量2,600mAh
サイズ・重量約154.8mm×78.6mm×6.9mm、138.6g
カラーブラック、ホワイト
LTE対応BandBand 1(2100MHz)、3(1700MHz)、19(800MHz)
その他GPS、A-GPS、照度&近接センサー、加速度センサー、電子コンパス、2年間修理保守サービス

価格は39,800円(税別)となっています。
RAM2GBやLTEの周波数がドコモのBand19に対応するなど、基本的なスペックは抑えられていますが、SoCがSnapdragon410であり、同スペック帯のAndroidであれば3万円前後で購入できることを考えると少し割高な値段設定の様な気がします。

国内最速を奪われたFreetel KATANA 01

KATANA 01
ヤマダ電機がEveryPhoneを発表するよりも前、FreetelもWindows 10 Mobileを搭載した「KATANA 01」を国内最速で発売するとしていました。

FreetelのKATANA 01は11月25日より先行販売開始となっていますが、実質的には予約状態で、実際に販売・発送が開始されるのは11月30日です。
何をもって国内最速とするかは難しいところですが、日本で一番最初に入手できるWindows 10 Mobileスマートフォンは、11月28日に販売を開始するヤマダ電機の「EveryPhone」となります。

ヤマダ電機

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。