Windows 10 Mobileを搭載したNuAns NEOがスマートフォン向けの着せ替えカバーを提案

NuAns-Neo

Simplismブランドによるスマートフォン向けカバーなどをプロデュースする株式会社トリニティが立ち上げたブランド「NuAns」から、初となるスマートフォン「NuAns NEO」が登場しました。

このNuAns NEOの特徴は、バックカバーを交換することによって自分好みのスタイルに変更可能な点です。今まではスマートフォンにカバーを被せることで自分仕様にカスタマイズしていましたが、NEOではバックカバー自体が交換可能になっています。

これはかつて一世を風靡した着せ替え携帯のスマートフォン版のようにも感じます。既存のスマートフォンには無い、高いカスタマイズ性を誇るため、国内メディアだけではなくPhone Arenaなど海外メディアにおいても注目されています。

NuAnsとは

NuAns

NuAnsはNuance(ニュアンス)とNew Answer(新しい答え)を掛けあわせた造語で、デジタルガジェットの周辺機器においても機能性の追求だけではなく自分らしさや快適性を求めて素材にまでこだわってデザインされています。

例えばスマートフォンのカバーにおいて見かけることの少ないスエード調の素材を用いるなど、冷たくなりがちなデジタルデバイスにも温もりを与えるようなデザイン上の工夫が凝らされています。

NuAns NEO

NuAns-Neo simple

NuAnsの初めてとなるスマートフォンとして誕生したNEOはCOREコンセプトと呼ぶ、本体と外装を分離した構造が特徴です。

これにより手帳型ケースであるFLIPタイプやバックパネルにあたるTWO TONEタイプの2つのスタイルから、好みの素材や組み合わせを選択してカスタマイズすることができます。

また、スマートフォン自体の機能としても暫定的ながらWindows 10 MobileのContinuumに対応しており、ディスプレイやキーボードを接続することで自宅ではPCのように使うことが可能です。

デザイン

NuAns-Neo Attach

本体は底面のスピーカーホールや外部接続端子の位置にまでこだわってデザインされており、シンプルながらも高い質感を追求するNuAnsのコンセプトを具現化しています。

バックパネルの内部にはSuicaなどのICカードを収納できるスペースが設けられており、ユーザーの実使用状況を研究して作られたことがこういった点にも現れています。

カバーの種類

NuAns-Neo Cover

手帳型ケースであるFLIPタイプには素材としてスエード調のものを用いています。

カスタマイズの中心となるであろうTWO TONEタイプでは、天然木や皮革を採用しており、上下2分割のバックパネルは上部カバーが8種類、下部カバーも8種類が用意されています。これらの上下パネルを自由に組み合わせることで合計64パターンを楽しめます。

さらにサードパーティからも対応カバーが発売予定である他、3Dデータも公開されているため、3Dプリンタでオリジナルカバーを制作することもでき、無限の可能性が広がります。

スペック

NuAns-Neo spec

CPUは正式出荷のアナウンス前ですが、Windows 10 MobileのContinuumに対応したSnapdragon 617が搭載されています。

今後Qualcommからの正式なアナウンスとともにMicrosoftによるContinuum対応への検証が行われる予定です。

OSWindows 10 Mobile
CPUSnapdragon 617 1.5GHz オクタコア
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ5インチ、解像度:1280×720 (295ppi)
カメラアウトカメラ:1,300万画素、インカメラ:500万画素
バッテリー容量3,350mAh
サイズ・重量約高さ141x幅74.2x厚さ11.3mm、約150g
カラー本体色:ブラック
その他外部接続端子:USB Type-C、SIMロックフリー

NuAns NEOのSIMスロットはmicroSIM対応スロットになっていますが、nanoSIM変換アダプタも同梱されるようです。

対応するLTEのバンドからはドコモのネットワークとの相性が良さそうなので、ドコモ系MVNOのSIMから選ぶことが可能です。

価格

NuAns-Neo active

価格はベースとなる本体価格の39,800円(税抜)に、組み合わせたカバーを上乗せした金額となります。

販売については、既に公式サイトにおいて予約受付が開始されており、2016年1月下旬に出荷する予定です。また、MVNOであるU-NEXTでの販売もアナウンスされており、こちらでは12月中旬から予約受付を開始する予定です。

通販だけでなく、三越伊勢丹やロフトなどを通じて店頭でも販売される見通しです。

Windows 10 Mobileを搭載するスマートフォンのラインナップが増えると同時に、カスタマイズ性を追求した新しい路線が登場したのも楽しみなニュースですね。

Phone Arena
トリニティ
NuAns
NuAns NEO公式サイト
U-NEXT

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。