海外メディアも注目! auからハンドソープで洗えるスマートフォン「DIGNO rafre」が登場

Digno Rafre

KDDIは12月3日、今までの防水機能を超える性能を持ち、ハンドソープで洗っても大丈夫なスマートフォン「DIGNO rafre(ラフレ)」をau +1 collectionとして発表しました。

先日の着せ替えカバー対応スマートフォン「NuAns NEO」(過去記事)のように、海外メディアTHE VERGEのニュースでも取り上げられています。

DIGNO rafre

特徴

Digno Rafre 2

最大の特徴はやはり防水性能です。今までにも防水機能付きスマートフォンはありましたが、ハンドソープで洗っても大丈夫ということで何が違うのか確認してみたいと思います。

防水性能

DIGNO rafre 1

DIGNO rafreは耐水性だけではなく薬剤でもあるハンドソープの使用も想定した性能を持っています。

今までの水対策との違いは、ソープ=石鹸の特性にあります。石鹸の原理は普段は結びつかない油と水が結びつくように薬剤を作用させ、それによって油脂分などの汚れを落とします。その際には界面活性剤などが作用しています。

界面活性剤は水とは特性が異なるため、従来の防水機構では内部に侵入してしまう可能性がありました。それを解決するために今まで以上にパッキンなどの構造を強化し、防水性能を高めています。その結果、ハンドソープで洗っても大丈夫なだけではなく、温度によってパッキンを膨張させ防水性能を低下させる恐れのある温水などの環境にも強くなりました。

従来の性能を超える防水性能によって、お風呂に入ったついでにスマートフォンもハンドソープで洗うということも可能なわけです。

注:すべてのハンドソープで洗っても大丈夫なことを保証するわけではないようです。また、43度以上のお湯とハンドソープの組み合わせには対応していないので、ハンドソープで洗ったあとは水で洗い流すのが良さそうです。

スペック

スマートフォンのスペックとしては以下のとおりです。

メーカー京セラ株式会社
OSAndroid 5.1 Lollipop
CPUSnapdragon 410 1.2GHz クアッドコア
RAM2GB
ROM(内部ストレージ)16GB
ディスプレイ約5.0インチ、解像度:1280×720
カメラアウトカメラ:1,300万画素、インカメラ:200万画素
バッテリー容量3,000mAh
サイズ・重量高さ141x幅71x厚さ10.1mm、約155g
カラーコーラルピンク/カシミアホワイト/マリンネイビー
その他microSDXC対応(最大128GBまで)、おサイフケータイ、ワンセグ

発売日

発売日は12月11日が予定されており、auショップやオンラインショップ、KDDI直営店にて販売されます。

店頭では是非、このスマートフォンの特徴であるハンドソープ洗いが体験できることに期待したいところですね。

利用シーン

DIGNO rafre2

DIGNO rafreはハンドソープで洗える点に注目が集まりがちですが、その本質は今までにない防水性能の高さです。水回りでの使用が多い方や、綺麗好きの方にはおすすめできる機種ではないでしょうか。

ハンドソープ洗いをして綺麗に保てるということは、何でも口に入れたり、舐めたりしてしまう小さい子供のいる環境でも雑菌が入ってしまうリスクを低減できると思われます。

THE VERGEの記事では販売価格は57,420円になると予想されています。

THE VERGE
SLASH GEAR
KDDI ニュースリリース

こちらもおすすめ

  • Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

    Xiaomi Mi Notebook Air 1ヶ月使い倒しレビュー! デザイン、性能、価格を兼ね備えた心強い相棒

  • 調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

    調査結果:Androidスマートフォンで最も買って良かったのは「Nexus 5」、失敗だったのは「REGZA Phone IS04」

  • あわせて読みたい

    いま、注目の記事

    Geeklesの最新記事

    話題の最新ガジェット

    この記事へのコメント

    この記事にはまだコメントは付いていません。

      Geekles(ギークルズ)をフォロー

      Geeklesはたくさんのガジェット好き(=ギーク)が集まり、ガジェットやオーディオ、アプリ、カメラに関する情報を発信するメディアです。